絹彩画 河野春子

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

絹彩画 河野春子


絹の布地を使い、日常の何気ない光景や旅先での思い出を絹彩画で描くのは、河野春子さん。「絹彩画(きぬさいが)」とは、土台に貼った下絵に合わせて絹布を断裁し、絵に貼り付けた後、布の端を土台に押し込んで立体的に描く絵画。骨董市で収集した古布やコーヒーで染色した絹などを用い、生地の色や織目を生かしながら絵のイメージに合わせて配していく。ミリ単位の細やかな作業を延々繰り返してやっと完成。絹の風合いと河野さんの温厚な人柄から、どこか懐かしく穏やかな情景が描き出されている。

Photo

作品についてのお問い合わせ

  • TEL.058-237-1383 (河野春子)
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/art/12545.html/trackback

新しいコメントを記入

  • 編集グループで働くメンバーを 募集しています。
  • aun の新しいWEBサイトが出来ました
  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ