アクセサリー作家 青山俊子

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

アクセサリー作家 青山俊子


鍛金の技法でシルバーのネックレスやリングを制作しているのは、アクセサリー作家の青山俊子さん。銀板や針金を熱して柔らかくし、ローラーで伸ばしたり金槌で叩いたりして成形。丁寧に磨いてなめらかに仕上げる。故郷、愛媛県の宇和島で採れた阿古屋貝の本真珠を組み合わせたデザインが特徴的だ。「カタチは手で考える」という青山さん。手で描いたような素朴な曲線と、丹念な加工による繊細な造形美が、銀や真珠の映す柔らかな光とともに、身につける人の心を優しく包み込んでくれる。

Photo

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/art/13232.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ