造形作家 二村 元子

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

造形作家 二村 元子

「芸術って、すごく特別なことではないと思うんです。自分の生活とかけ離れているものだとも思わなくて」。大胆かつ鮮烈なエネルギーを湛えた作品群とは対照的に、ゆったりと柔らかな物腰で話す二村元子さん。岐阜大学教育学部で美術教育を専攻し、いつのまに造形の世界に飛び込んでいた。卒業後、いくつか肩書を変えながらも制作を続けた。

大震災が起きた年、父が他界した。人生は一度きり。自分の創作を突き詰め、造形作家として生きると決めた。“re-Birth”“領域”と名付けられた2作品の素材は紙の原料となるパルプや炭、土など。自然や生命への賛美、時間、変化することと続いていくこと。とても普遍的で、根源的なことを表現したいと切に願う。

撮影協力/小さい家

Photo

  • 2014年9月26日(金)~ 10月19日(日)
    「月をめぐる九つの物語」出展
    小さい家にて作品展示
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 投票, 平均値/最大値: 4.75 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/art/15736.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ