わた絵作家 長尾 よしみ

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

わた絵作家 長尾 よしみ

今にも歩み寄って来そうな虎。思惑あり気な表情を浮かべるゴリラ。これほどまでに精巧な絵が、綿花から採取したままの無着色の綿だけで描かれていることに、驚かずにはいられない。

20年以上前に柳川流押し花を習い始め、現在は自宅兼ギャラリーの「淡墨香房」で教室を主宰する長尾よしみさん。5年程前、押し花作品に部分的に用いる綿に着目。毛羽のある黒い台紙の上に、ちぎったり、細く撚ったりした綿を何度も重ね置き、動物の毛並みを表現する技法を創出した。庭で栽培する白、茶、薄茶、緑の4色の綿のみで表現の限界に挑み、作品の幅を広げている。今後は自ら生み出した「わた絵」の存在を広く知ってもらいたいと、精力的に展示も行う予定だ。

Photo

「淡墨香房」
岐阜市粟野西8-184-1 TEL. 058-337-3753

  • 2015年6月にギャラリー木楽(岐阜市中川原4-3)にて作品展示
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (5 投票, 平均値/最大値: 4.60 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/art/16053.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ