画家 山田 真己

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

画家 山田 真己

“風のように心は自由”。山田真己さんが大好きな言葉だ。生まれてからずっと、脳性マヒによる四肢機能の著障とともに生きてきた。岐阜県立関養護学校高等部を卒業後、亀山樹美子先生と出会い、水彩画の楽しさを知った。家族や友人と出掛けたラベンダー畑や青い海、心に焼き付いた情景が題材。寝たままの状態で鏡越しに画用紙を見つつ、筆やクレパスを固定した足や、指先やかかとも使って描く。

障がいがあることは時に辛く、苦しみにもがく日もある。けれど、天性の朗らかさと強い意志を武器に、真己さんは生きることと真っ直ぐに向き合う。希望や光、世界にあふれる色をひとつずつ見つけながら。彼女の絵にはその心のように自由な風が吹いている。

Photo

  • 2015年8月2日(日)まで
    加藤栄三・東一記念美術館にて
    「山田真己展」開催中
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 投票, 平均値/最大値: 4.75 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/art/16420.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ