日本画家 長谷川 喜久

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

日本画家 長谷川 喜久

「僕の中で花鳥画は、人物画に近いですね。花も人も、生きるものを見るという尺度は同じ」。日本画家の長谷川喜久さん。加納高校美術科に在学中、初めて日本画に触れ、鉱石などを原料とする岩絵具の質感に強く惹かれた。30年余が経つ今も、岩絵具を膠(にかわ)で溶く日々を続ける。幾度も水で洗い、不純物を取り除いた岩絵具は鮮やかな色彩を放つ。また、蒐集(しゅうしゅう)した650を超える墨には一つとして同じ色はなく、奥が深い。

「椿山茶花図」はいわゆる紅白梅図を自身なりに描いてみたいと挑んだ意欲作。白い椿と紅い山茶花(さざんか)。葉陰に鴬(うぐいす)。大胆な構図とメタリック顔料の冴えわたる青、筆勢を語る墨の滲み。日本の伝統美が、新たな息吹を宿してそこに顕れた。

撮影協力/画廊 光芳堂

個展

2016年4月6日(水)~12日(火)
松阪屋名古屋店にて
「長谷川喜久個展」開催

Photo

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 投票, 平均値/最大値: 4.75 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/art/16710.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ