版画家 牧野 光陽

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

版画家 牧野 光陽

旧高富街道を描いた一枚の版画。照りつける夏の日差し、鎮守の森の草いきれ、蝉の声。郷愁が情景を彩る。「昭和30年代、僕が子どもだった頃が原点。どこか懐かしくて、生活の匂いが漂う景色が好きです」。

誰に教わるでもなく、失敗と熟考と挑戦を繰り返し、自ら学ぶことで、多色刷り版画の手法を身に付けてきた牧野光陽さん。下絵を墨の濃淡や色ごとに分けて10ほどの版を作り、刷り重ねていく。「初刷りはひどいものです」。どう直すかに、作家の感覚が試される。

自らの手と作品の間に版木と紙が介在する版画では、時に思いがけぬ快作が刷り上がる。「僕が作ったというより“生まれてきた”」。滅多に会えぬ版画の神様を慕い続け、40年が経つ。

出展

岐阜県美術館一般展示室にて
2016年8月9日(火)~14日(日)に開催の
「第47回 ぎふ平和美術展」に出展

Photo

★牧野光陽さんからプレゼントあり!詳しくは読者プレゼントをご覧ください。
※応募締切は2016年9月10日

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/art/17155.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ