庭師 馬場 真哉

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

小さなギャラリーの和室に忽然と立ち現れた“庭”。手掛けたのは庭師の馬場真哉さん。京都の造園会社で4年半修業した後、岐阜に戻って家業を継いだ。だが、これからが勝負と思っていた矢先、事故で右手を失う。失意のうちにも「おかげで多角的にものが見えるようになった」と、庭の新たな価値や概念を模索、作品として表現するようになった。

富士砂から立ち枯れたジューンベリーの木が生命を取り戻したように伸びる。中央に置かれたのは、単に閉じ込められた石ではない。人が感じる時間の流れよりも、鉄のそれはゆっくりで、錆びてゆく鉄よりも、石に流れる時間ははるかに遅い。そんな視点から生まれた作品だ。彼の“庭”は、いとも自由に常識を超えていく。

撮影協力/小さい家

展示

2016年11月4日(金)~20日(日)の金土日に小さい家にて開催される
「ゲストハウス小さい家」で作品を展示

Photo

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/art/17261.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ