美術作家 トザキ ケイコ

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

雲の流れ、葉っぱの模様、虫の歩くさま。幼い頃から、自然の中にある美しさに惹かれたというトザキケイコさん。ガラス瓶の中に、植物などの小さな自然物と蝋で形取った家や動物を並べ、物語を閉じ込めた箱庭のような、小さな世界を作る。

さらに、シュタイナー教育において素数を学ぶときに用いられる“糸かけ曼荼羅(まんだら)”を独自にアレンジした作品も展開する。「素数は自然界や宇宙の中にも潜んでいるといわれます。それを目に見える形に具象化するこの曼荼羅には、素数の持つ美しさや、調和が表れているように思うんです」。

彼女の作品を眺めていると、私たちの世界のあらゆるものが、祝福され、確かな美しさを秘めているのだと感じずにはいられない。

撮影協力/ビッカフェギャラリー

展示

「トザキケイコの美術塾」をビッカフェにて開催中
造形クラス:毎月第2日曜日 15:00~17:00
絵画クラス:毎月第3金曜日 19:30~21:30

Photo

ビッカフェ
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/art/17720.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ