日本画家 林 真

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

日本画家 林 真

無造作に積み上げられた水槽の中から、じっとこちらを見つめる鯰。下の水槽には餌となるアメリカザリガニが息を潜めている。

描いたのは、市内に自宅兼アトリエを構える林真さん。20歳で日本画を描き始め24年が経つ。「岩絵具は膠や水、紙の違いでも表情が変わる。やってもやっても答えがない、深い魅力があります」。描いている時が一番自分でいられる。そして、作品はその時の自分自身の状態が素直に表れる鏡のようだ、と思う。

水槽のガラスに映るいくつもの鯰の顔に、命の歓びや哀しみ、希望を込める。「雑多に飼われる痛々しさ、それでも生きていくこと」。自身が生活の中で感じる不安や憂い、些細な違和感を、見事なまでの筆致で描く。

撮影協力/画廊 凛(関市西本郷通3-5-28)

展示

2017年12月19日(火)~25日(月)に福岡三越美術画廊にて
「いとしきものたちへ 林真日本画展」開催

Photo

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/art/17860.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ