陶芸家 小塩 薫

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

陶芸家 小塩 薫
淡黄色の照明が灯ると、白磁のハイヒールに可憐なサギソウの花々がふわりと浮かび上がった。
京都市立芸術大学大学院美術研究科を修了し、岐阜市内のアトリエで陶芸を続ける小塩薫さん。学生時代、透明感のある磁器が持つ質感に強く惹かれ、新たな表現や手法を追究するうちに、器の内側に光を入れるアイデアをひらめいた。それを形にした卒業制作が東京国立近代美術館に展示され、高い評価を得る。以来、約20年、ひたむきに制作に打ち込み、技巧を発展させ、作品へと昇華してきた。
モチーフは身近な暮らしの中にある。靴や鞄、帽子、そして庭に咲く草花。紙一枚ほどの薄さの白磁のキャンバスに、彼女の世界が光と影を伴い映し出される。

展示

アトリエ(岐阜市茜町)にて毎週金曜日13~16時に陶芸教室(小物制作・1回5,000円~)を開催
問い合わせ/kaoru.ojio@gmail.com

Photo

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/art/18014.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ