切り絵作家 草太

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

切り絵作家 草太
白と黒、明と暗とで世界を描き出す切り絵。その制作に好奇心と市販のカッター一本で挑む草太さん。「ものごとはすべて表裏一体。光と影で表現することが、僕には合っているんです」。
 
7年程前、テレビ番組で紹介されていた切り絵に興味が湧いた。ところが、実際に試みてみると仕上がりは頭の中でイメージしていたものとは程遠く、線は太くて雑。さらに絵として描いた線をそのまま切り取っても、うまくいかない。切り絵には「暗黙のルール」があるのだと悟った。

以来、そのルールを摸索しながら、独学で技術を向上。素材に色紙や和紙を用いたり、水彩で描いた背景や和柄モチーフを取り入れたり。幅広い作風に挑み、自分らしい表現を追求し続けている。

  • 岐阜市文化センター街並みギャラリーで9 月30 日(金)まで作品を展示
  • LineFolt Gallery、flamant で作品を展示販売中

Photo

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/art/8470.html/trackback

新しいコメントを記入

  • aun の新しいWEBサイトが出来ました
  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ