造形作家 中島法晃

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

造形作家 中島法晃

浄土真宗本願寺派の寺に生まれた中島法晃さん。家業を継ぐことを宿命と受け止めつつ、反発心もあって県立加納高校美術科に進学。東京芸術大学で彫刻を専攻し、芸術にのめり込んだ。二十歳で得度。今は僧侶として精進しながら、精力的に制作を続けている。

根底にあるのは「死生観」。4年ほど前に祖母が97歳で亡くなった。「最期に南無阿弥陀仏と唱えた姿を見て、仏になるとはこういうことか、と初めて思い至りました」。以来、輪廻や再生について想いをめぐらす。作品のテーマは死を見つめることから「生きること」へとシフトした。

滔々(とうとう)と流れ、形を成し、凛と返り咲く文字や言葉の片鱗。本堂を改修した際の柱や鴨居で作った筆の先にもまた、美しい蓮の花が咲いている。

Photo

作品に関する情報

  • ブログ「NAKASHIMA HOUKOU」http://houkou-n.blog.so-net.ne.jp/
  • 「中島法晃 文字展」2012年1月20日(金)~24日(火)
    柳ケ瀬のギャラリー「CROQUIS(クロッキー)」にて開催
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/art/9244.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ