岐阜、ご当地グルメ。

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

鶏ちゃんを求めて、いざ行かん!
名店、迷店、数あるならば、鶏ちゃんの味もさまざま哉。

加茂郡東白川村 白草

加茂郡東白川村 白草

 緑深い山々と白川の渓流を背に建つ小さな焼肉屋。昭和44年に夫と二人で店を始めた安江冨貴子さんは80歳を数える今も現役。娘夫婦とともに仕込みや接客をてきぱきこなす。
鶏ちゃんは肉が引き締まった親鶏を使うため、丁寧に皮や筋を取り除く「筋引き」が不可欠だ。時に3人で数時間をかけてその作業に没頭する。
自家製の味噌ダレをまぶした鶏ちゃんが、年季の入った鉄板の上でこんがり焼ける。立ち上る味噌の香りを合図に我先にと箸が集まる。醤油に生姜やにんにくを加えた2種類のタレを付けて頬張れば、遠路はるばるここを訪ねる理由に合点がいくことだろう。

Photo

加茂郡東白川村 白草

  • 加茂郡東白川村神土424-3
  • 11時~21時(入店は20時まで) 水曜定休
  • TEL.0574-78-2164
  • Pあり

郡上市白鳥町 まるや食堂

郡上市白鳥町 まるや食堂

 店には大きな看板も暖簾もない。目印は隣接する牛道(うしみち)小学校。店主の鷲見憲弥さんは「冬場のスキー客もうちに気付かず、ほぼ素通り」と笑う。名古屋の和食店で修業後、30年以上前に母が開いた食堂を継いだ。「最初は戸惑ったけど、お客さんも近所の人も、顔なじみ。やっぱり地元はいい」。
鶏ちゃんは若鶏と通称「ひね鶏」と呼ぶ親鶏の両方を扱う。郡上の地味噌、酒、みりん、にんにく、唐辛子で作った自家製ダレに肉を漬け込み、一度冷凍することで味を染み込ませる。
ふっくらとした若鶏と、噛むほどに旨みが滲み出る通好みのひね鶏。野暮な講釈は言わず、双方食してこそ尚良しである。

Photo

郡上市白鳥町 まるや食堂

  • 郡上市白鳥町中西489-1
  • 17時~22時半頃 水曜定休
  • TEL.0575-84-1603
  • P3台

岐阜市長良 古風人 長良

岐阜市長良 古風人 長良

 明治時代に建てられた古民家を改装した趣のある店構え。扉をくぐると開放的な吹き抜けが広がり、天井に黒々とした梁が横たわる。饗されるのは岐阜の食材にこだわり、料理人が腕を振るう創作和食の数々。
鶏ちゃんは、日替わりの献立として登場していたものを「鶏ちゃん合衆国」参加を機に一新。下呂市にある村山チキンセンターに協力を仰ぎ、郡上の地味噌ベースのややあっさりしたタレに変更。若鶏のモモとムネ以外に、通常は市場に出回らない砂肝とハラミも加えた。
鶏ちゃんを食す文化が少ない岐阜市内でこれほど気概あふれる鶏ちゃんが堪能できるとは、実にうれしい限りだ。

Photo

岐阜市長良 古風人 長良

  • 岐阜市長良福光2399
  • 11時半~14時、17時半~23時 (金・土・祝前日は24時まで)水曜定休
  • TEL.058-233-9388
  • P15台
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/feature/11986.html/trackback

新しいコメントを記入

  • 編集グループで働くメンバーを 募集しています。
  • aun の新しいWEBサイトが出来ました
  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ