岐阜、ご当地グルメ。

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

地元食材から生まれた 必ず食べたい名物グルメ。

まだまだあります、岐阜で味わえるご当地グルメ。
目から鱗が落ちるような、斬新なメニューも!
その土地で育った食材で美味しい料理をと創意工夫を凝らした料理人の心意気を、ご賞味あれ。

下呂 トマト丼

下呂 トマト丼

 日本三名泉に数えられる下呂温泉。多くの観光客が訪れるこの温泉街に「地元の特産品を使った料理を」との声が上がり、10年ほど前に開発された「トマト丼」。現在ではすっかり下呂名物として定着。各店で飛騨牛や飛騨なっとく豚を使ったメニューが誕生している。
下呂市役所のすぐ南にある「宴蔵」の「飛騨牛トマト丼」は、地元農家が育てた新鮮なトマトをはじめ、舞茸やネギなどもふんだんに入った、まさに地産地消の一杯。トマトは飛騨牛や舞茸などと一緒に炒めて甘辛いタレで煮込んだものと、具材の上に散らすフレッシュなものの2層仕立て。甘みや酸味、食感の違いが存分に楽しめる。


宴蔵

飛騨牛トマト丼 1,380円(大鉢・小鉢・味噌汁・漬物・デザート付)

  • 下呂市森971-39
  • 7時15分~10時、11時~14時半、17時~LO20時半 不定休
  • TEL.0576-25-3230
  • P15台

トマト丼や下呂のグルメ情報


羽島 羽島れんこん料理

羽島 羽島れんこん料理

 古くから生産され、県内一の収穫量を誇る羽島市のれんこん。その魅力を広めようと、地元の飲食店が数々の創作料理を生み出している。
和食処「竹扇」の店主、馬場文親さんは、平成6年に県が主催した「味おこしコンクール」に「れんこん蒲焼き丼」と「れんこんカツ丼」を出品。中日新聞賞を受賞したのをきっかけに、店のメニューに加えた。すりおろしたれんこんを海苔の上に広げて油で揚げ、秘伝のタレを塗ってご飯に載せた「れんこん蒲焼き丼」。もちもちした食感と甘ダレが絶妙だ。れんこんコロッケやれんこん会席など、そのレパートリーは無限大。他店でも寿司やパンなどのアイデアメニューが楽しめる。


竹 扇

れんこん蒲焼き丼定食 785円(赤だし・小鉢・漬物付)

  • 羽島市竹鼻町丸の内3-17
  • 11時~14時、17時~21時 月曜定休
  • TEL.058-393-0228
  • P20台

羽島れんこん友の会

  • TEL.058-393-0228(竹扇)

関 関からあげ

関 関からあげ

 関市の新名物として独創的な唐揚げを考案してまちおこしを図ろうと、平成21年に有志らで立ち上げた「関からあげ学会」。第1弾の「黒からあげ」は、市の特産品である椎茸と、市内で式典や行事が行われた「第30回全国豊かな海づくり大会」にちなんで海の幸であるひじきを材料に使った大胆な唐揚げだ。
創業50余年の「食事処 やまなみ」では、乾燥椎茸とひじきの粉末を衣にたっぷりと加えた、真っ黒な「黒唐南蛮」が味わえる。自家製タルタルソースの甘みと酸味がほど良いアクセントとなり、つい箸が進む。さらに第2弾の「赤からあげ」として、赤パプリカを使用した唐揚げも登場。


食事処 やまなみ

黒唐南蛮 850円
赤から揚げ 880円

  • 関市東福野町5-7
  • 11時~14時半、17時~LO21時半(土・日はLO23時半まで) 水曜定休
  • TEL.0575-22-2140
  • P25台

関からあげ学会


海津 黒豚もちもちブランド

海津 黒豚もちもちブランド

 海津市観光協会ブランド商品企画第1弾の「黒豚もちもちブランド」。江戸時代、木曽川・長良川・揖斐川の三川分流に伴い植えられた千本松原。工事に当たった薩摩藩と深い関わりのあるこの町では、岐阜県と鹿児島県の姉妹県盟約40年を機に地元産の野菜とハツシモ、鹿児島産黒豚を使った新たな名物を開発した。
田畑に囲まれた喫茶店「ダス・ツィール」の「黒豚もちもち焼きカレーベジタブル」はランチ限定でお目見え。もっちりとしたハツシモの上に、玉ねぎの甘みを生かしたカレー、素揚げした自家栽培野菜、手作りパン粉をまとわせて揚げた黒豚カツをのせてオーブンで焼いた、ボリューム満点の一皿だ。


ダス・ツィール

黒豚もちもち 焼きカレーベジタブル 850円(サラダ・ドリンク付)

  • 海津市海津町福江651
  • 8時~17時(ランチタイム 11時半〜14時) 火曜定休
  • TEL.0584-53-7156
  • P15台

黒豚もちもちブランド 海津市観光協会

  • TEL.0584-52-1133

山県 にんにく「元気玉」

山県 にんにく「元気玉」

 高齢者でも手軽に栽培でき、獣害も少ないことから、山県市で栽培が推奨されるようになったにんにく。“元気玉”と名付けてブランド化し、県下一の産地にまで成長させた。これを熟成させた黒にんにくも人気だ。
四国山香りの森公園内の「ティーハウスハーブレンド」でしか味わえないのが、「やまがた元気玉バーガー」。にんにく醤油に漬け込んで揚げた豚肉の竜田揚げ、新鮮なレタスとトマトをソフトなパンで挟み、自家製の卵ソースと黒にんにくソースを利かせた創作メニュー。にんにくの香りとジューシーな豚肉の相性は抜群だ。パン、豚肉、野菜、卵まで素材はすべて地元産。まさに郷土愛あふれる一品といえる。


ティーハウス ハーブレンド

やまがた元気玉バーガー 400円(+150円でドリンク付)

  • 山県市大桑726-1
  • 9時~17時(LO15時半) 火曜定休
  • TEL.0581-27-3944
  • P30台
  • (株)ハウスビルシステム(指定管理者)

山県市役所 産業課

  • TEL.0581-22-6830

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/feature/11986.html/trackback

新しいコメントを記入

  • 編集グループで働くメンバーを 募集しています。
  • aun の新しいWEBサイトが出来ました
  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ