美術館&ギャラリーめぐり 岐阜でアート三昧の秋を。

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

なうふ現代

なうふ現代金華山の山裾に、桜が植わる建物がある。地下へ潜るように階段を下ると赤い扉が現れた。「少し入りにくいから、落ち着いてアートに浸れるよ」。オーナーの武井英男さんは穏やかに話す。ここでは毎月、鋭い感性で現代アートの企画展を開催。無機質な空間は、石の彫刻が整列する小宇宙になったり、ビビッドなオブジェに埋め尽くされたり、変幻自在だ。
25年間、武井さんはデザイン事務所を営んだ。手書きのレイアウトに写植やフィルム写真。人の手を介して時間をかけてものを作った時代だった。「じっくり考え抜かれたものはいいね。美術は特に、裏側に何かある。例えばルドンもエロティックで、モノクロだけど色を感じるな」。そして作品の魅力と作家の人間性は共通すると言う。そのため必ず、アトリエを訪れ、人となりも感じる。
「芸術って生きるのに必要だと思うんだよね。ご飯を食べるみたいに」。作家が自身から捻り出したアートと過ごす日常はどんなものだろうか。「“家で作品が育ってる”ってお客さんに言われてうれしかったな。興味を持ったら何回も見に来てほしい。日によってなぜか見え方が違うから、本当に楽しいよ」。慌しく過ぎていく現代社会。その流れとは違った空気を纏うアートたちは、日常を色濃く、深いものにしてくれるだろう。


オープニングパーティーに行ってみよう

オープニングパーティーギャラリーではオープニングパーティーやアートトークを開くところも多い。『なうふ現代』では必ず作家を囲み、武井さん夫妻の手料理や酒を楽しみながら企画展初日を祝う。「作家の言葉を直接聞いて、人となりや内面を見ながら作品を味わってほしい」と武井さん。せっかくの機会、ぜひ作家に話しかけて美術談義をしてみよう。

企画展

◆「国島征二展」 2013年9/29まで
◆「川井昭夫展」 2013年10/12~11/10
◆「三木陽子展」 2013年11/23~12/22

Data

  • 岐阜市夕陽丘14
  • TEL.058-264-2920
  • 営業時間:11:00~18:00
  • 休廊日:月・火曜日
  • Pあり
岐阜市夕陽丘14

artgallery

 

ギャラリー いまじん

ギャラリー いまじん「素敵でしょ。深くて吸い込まれそう」。『いまじん』の宇佐美直子さんは思いのまま心を込めて作品を解説する。
開廊は5年前。服飾店の経営や販売の仕事を経験したが、「お金じゃない、気持ちを伝えたい」と思い至る。「本物を見なさい。自分の目を信じなさい」という恩師である画家・横地洋司氏の言葉を胸に、続けてきた美術館・ギャラリー巡りを仕事に繋げた。
必死に創作するが、世に出ない作家の何と多いことか。発掘して育てるべく、ただ「好きだなぁ」と思う作家の企画展を開く。スケッチを並べて物語を伝え、作品が売れると嫁に出した気分になる。「この仕事、本当に幸せ」。アートは背伸びしなくていい、素直に感じればいい。ここに来れば、きっと心が自由になる。



企画展

◆「近藤幸 木版画展」 2013年10/13~27

Data


岐阜県岐阜市金園町4丁目

  • コメント:(1)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 投票, 平均値/最大値: 4.50 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

先日、ルドン展に出かけました。

展示はもちろんのこと、ルドンのお兄さんが
作曲したというポルカが忘れられません。
心地のよい音色。。

近くに居た職員さんに、学芸員の知人の方が
特別に演奏された音源だとおききしました。

期間内に、ポルカの特別演奏会があればと心から思います!

トラックバック

トラックバックはまだありません。
トラックバックURL
http://aun-web.com/feature/14513.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ