長良川温泉

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

長良川温泉

心身を癒す赤褐色の湯

昭和34年、三田洞地区での水道工事のボーリング中に湧出した鉱泉。岐阜市はこれを活用して三田洞神仏温泉を建設。鵜飼見物客でにぎわう長良川河畔の旅館へも供給管を敷設し、昭和43年に長良川温泉が誕生した。泉質は単純鉄冷鉱泉で無色澄明だが、空気に触れると赤褐色に変化する。老舗旅館十八楼の「蔵の湯」は120年以上前の古い蔵の柱や梁を利用した趣深い浴場。見事な枝振りをみせるムクロジの向こうに清流長良川を望む。

Photo


アクセス・問い合わせ

岐阜長良川温泉旅館協同組合

岐阜市長良福光2610−4

十八楼

岐阜県岐阜市湊町10

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/museum/14950.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ