加藤栄三・東一記念美術館

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

加藤栄三・東一記念美術館

兄弟画伯が愛した故郷

岐阜市美殿町で生まれ、東京美術学校(現東京芸術大学)に学び、生涯を日本画家として生き抜いた加藤栄三・東一兄弟。平成3年、金華山山麓に二人の画業を顕彰するこの美術館が開館した。設計は栄三の同級生である吉村順三氏。中庭を望む空間には東一愛用の椅子とイーゼルが置かれている。故郷の鵜飼を好んで描いた二人。所蔵作品約3400点はほとんどが素描と呼ばれるスケッチだが、その筆遣いの中にこそ、作家の素顔や熱、在り方が垣間見える。

Photo


[企画展]

※平成26年11月3日(月・祝)まで
第1展示室「加藤栄三・東一の心に映った それぞれの鵜飼」
第2展示室「伊藤髟耳(ほうじ)と“はっ・とび”の仲間たち」


加藤栄三・東一記念美術館

  • 岐阜市大宮町
  • アクセス:岐阜バス「岐阜公園歴史博物館前」下車徒歩5分
  • 問い合わせ:加藤栄三・東一記念美術館 TEL.058-264-6410
岐阜市大宮町

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/museum/15739.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ