妙照寺 芭蕉の間

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

妙照寺 芭蕉の間 俳聖が逗留した奥書院

俳聖が逗留した奥書院

日蓮宗妙照寺。もとは岐阜市柳町辺りにあったが、1600年に織田秀信公より旧竹中半兵衛屋敷跡を寄進され、金華山麓の地へと移転した。1688年夏、「笈(おい)の小文」の旅を終えた松尾芭蕉は俳諧を通じて親交が深かった日賢上人(後の7世住職)をこの寺に訪ね、「やどりせむ あかざの杖に なる日まで」と挨拶の句を詠んだ。岐阜の俳士や風流人、旦那衆に手厚くもてなされた芭蕉が1カ月余り滞在した12畳の座敷が、今もこの古刹に残る。

Photo


妙照寺 芭蕉の間

  • 岐阜市梶川町
  • アクセス:岐阜バス「大仏南・妙照寺前」下車すぐ
  • 問い合わせ:妙照寺 TEL.058-264-7793
  • 拝観:10:00〜16:00 大人200円
妙照寺 芭蕉の間
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/museum/17143.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ