岐阜メモリアルセンター 未来を拓く塔

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

岐阜メモリアルセンター 未来を拓く塔

蒼空に輝くモニュメント

岐阜メモリアルセンターに建つ「未来を拓(ひら)く塔」。昭和63年に開催された「ぎふ中部未来博」のシンボルタワーとして、故・岡本太郎氏が制作した。大阪・日本万国博覧会の「太陽の塔」に次ぐスケールで、岡本芸術の一翼を担う作品だ。情熱の花「ヒマワリ」をイメージした頭部、原色の旗がはためく胴体、脚部はランナーの躍動感がモチーフ。高さ16メートルの塔が見晴らす群青の空に、真夏のグラウンドに立つ選手を讃える大きな歓声が響く。

Photo


アクセス

  • 岐阜バス「岐阜メモリアルセンター前」下車すぐ
岐阜県岐阜市長良福光

問い合わせ

  • (財)岐阜県イベント・スポーツ振興事業団 TEL.058-233-8822
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/museum/2034.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ