真長寺 枯山水石庭

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

岐阜再発見ミュージアム 真長寺 枯山水石庭

苔むす庭に極まる紅葉

奈良時代に行基(ぎょうき)が創建したとされる三輪山真長寺。本尊の国指定重要文化財・釈迦如来坐像(しゃかにょらいざぞう)は「三輪釈迦」の愛称で親しまれ、毎月8日に行われる法要で一般に公開される。境内の客殿へ続く飛び石の先に現れるのは、江戸時代初期の姿を今に残す枯山水石庭。一面を覆う見事な杉苔が、古刹に積み重ねられた星霜を物語る。毎年、秋に開かれる観月会では、山麓の名園にオカリナや尺八、龍笛の音色が響き、人々を幽玄の世界へと誘う。

Photo


アクセス

  • 岐阜バス「三輪釈迦前」下車すぐ
  • [観月会]平成22年10月16日(土) 17時半開演(要事前申込・会費1,000円)
  • [もみじまつり・文化財一般公開]平成22年11月23日(火・祝)・24日(水) 9時~16時(入場無料)
岐阜県岐阜市三輪778−1

問い合わせ

  • 真長寺 TEL.058-229-1336
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/museum/3729.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ