aun「岐阜のアート」の作家さんのご活躍 その5*三輪乙彦さん&三輪祐子さん*

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

こんにちは!ポカラです。

めっきり寒くなり、冬の気配を感じる今日この頃ですね。
aun編集室は最新号発行に向けて、いよいよスパート開始!
取材や撮影が立て込んで、忙しい日々が続いています。
次のaunの発行は12月25日、クリスマスの予定ですよ!
どんな特集になるのかは…どうぞ、お楽しみに。

さて。

以前にaunの「岐阜のアート」でご紹介させていただいた
彫刻家の三輪乙彦さんと、inoha というユニットでご紹介した
画家であり、造形作家でもある三輪祐子さんの展示が
関市にある岐阜現代美術館で開催されています。

それぞれに個展も開かれてご活躍をされていらっしゃいますが、
実は父娘での展示は今回が初めてなのだそう。
ということで、展示「形と色の音感」を観覧してまいりました!

青空が広がり、なんともすがすがしい秋のある一日。

気持ちの良い秋晴れ!

「鍋屋バイテック」さんの駐車場に到着し、
構内にある「岐阜現代美術館」へ。

この建物が企業の私設美術館(しかも入場無料)だなんて、
本当にすごいですよね。入り口には水をたたえた大きなプールもあります。

そして、わくわくしながら中へ。

お二人の作品が独特な会場の空気になじむようにゆったりと並びます

ゆったりと空間になじむように置かれた二人の作品群。
らせん状になった階段を降りて、じっくりと観覧します。
平日だったため、美術館は貸し切りで、なんとも贅沢な気分に。

三輪乙彦さんの彫刻が静かに迎えてくれます。

滑らかで美しい彫刻と紅葉と青空と ごつごつと彫られた木の隙間から見えるものは

そして、三輪祐子さんの優しい絵と、三輪乙彦さんの彫刻のコラボ展示。

空間に溶け込むように父娘の作品が

ふと見上げた天井に、きらきらとプールの水面から反射する光が躍っていて、
静かで確かな形と、色と、どこか遠くから音が聴こえるようでした。

ぜひ、休日にふらりと、でかけてみてくださいね。

**********************
三輪乙彦・三輪祐子展示 「形と色の音感」
2014.10.20(月)~12.12(金)  9:00~16:30

岐阜現代美術館
関市桃紅大地1番地(鍋屋バイテック会社 関工園内)
第2・4土曜、日曜、祝日休み 入場無料

aunでご紹介した岐阜現代美術館の記事はこちら

**********************

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/note/15899.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ