aun編集室の「行ってきましたッ!」 *降籏勅・一成 親子展*

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

こんにちは。
aun編集室のポカラです。

今日はしっとりと雨模様の岐阜のまち。
ちょっぴり湿り気をおびた空気はどこか、
わずかに初夏の風をはらんでいるような気がします。
金華山の緑も、日ごとに色濃く染まっています。
もうすぐ、ツブラジイが山を見事な黄金色に染めますね。

さて。

今回は岐阜市加納にある「珈琲&ギャラリーあい」さんに、
ちょっと珍しい展示を見にうかがってきました。

「珈琲&ギャラリーあい」さん

静かな住宅街の中に建つ、落ち着いた雰囲気の喫茶店。
その店内のギャラリースペースで開かれているのが、
降籏勅 傘寿記念漆喰彫刻作品 『降籏勅・一成 親子展』です。

降籏さんの親子展

aun32号「岐阜のアート」でご紹介した降籏一成さんと
父の勅(まこと)さんの漆喰(しっくい)を使った作品を展示しています。

ところで、「漆喰作品って何?」と、お思いの方もいらっしゃるでしょう。
実は私も、実際に拝見させていただいて初めて
『鏝(こて)絵』と呼ばれる作品があることを知りました+.(´▽`)

天空

元禄時代から続く左官屋で生まれ、左官職人として
人生を歩んできた降籏勅さん。
仕事として漆喰彫刻を始めて63年。
10年ほど前からは、昔ながらの日本の伝統的な
建築素材である「漆喰」をこてを使ってレリーフに仕上げる
『こて絵』の制作に取り組んでいます。

龍を描いた「天空」。近付いて見ると、さすがの迫力です!

漆喰の立体感がそのまま龍の迫力に

雪が積もった椿の横には
「ゆきつばき 春を待てずに 花ひらく」の一句。

文字まで漆喰で!

もちろん、店内には息子・一成さんの作品も。
キャンバスに塗り固めた漆喰に、彩色を施しています。

息子・一成さんの作品とともに

今回で2回目となる親子展。
なんと、いずれは一成さんの子どもさんの作品も加えて、
「親子三代展」 が開けたら、とのこと。

展示は5月15日(日)まで。aunでご紹介させていただいた
一成さんの作品も、珈琲を片手にゆっくりと鑑賞できます。
興味のある方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

立体感のあるこて絵が照明に浮かび上がります いきいきと花ひらく漆喰の「牡丹」 カウンターの壁にはカップがずらり

美味しいゆず茶をいただきました そして、イチゴクリームソーダもおすすめなんです( ´艸`)

降籏一成さんは、aun32号「岐阜のアート」にてご紹介しています。

***************************************
降籏勅 傘寿記念漆喰彫刻作品
『降籏勅・一成 親子展』 2011.5.1(日)~15(日)

珈琲&ギャラリー あい
岐阜市加納堀田町1-4  TEL.058-272-5887
8:00~17:30(5月13日は休廊)

*****************************************

 

 

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (7 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/note/7221.html/trackback

新しいコメントを記入

  • aun の新しいWEBサイトが出来ました
  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ