和菓子 玉井屋本舗

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

和菓子 玉井屋本舗


和菓子は日本の四季と文化を写した小宇宙。
長い歴史を持つ老舗の伝統に、
熟練を重ねた職人の技と感性が融合して傑作が生まれる。

芭蕉が足跡を残した長良川沿いの古い街並。川原町通りはかつて岐阜町の玄関口だった川湊を中心に栄えた。その一角にある玉井屋本舗は、明治41年創業の岐阜市指折りの老舗和菓子屋だ。

屋根に乗った木の看板を見上げながら、昔ながらの商家の面影が残った店に入る。観光客らしい数人の若い女性が賑やかに菓子を選んでいる。先客の熟年夫婦が大事そうに紙袋を下げて、炎天の通りへ出て行った。

間口は狭いが、奥行きのある独特の町家づくり。一番奥の工房に入ると、玉井屋を代表する焼き菓子の香ばしい匂いに包まれる。整理が行き届いた明るい室内のあちこちに置かれた作業台。片栗粉にまみれた作業板の上に屈み込んで、何人かの職人が仕事中だ。生地をもみ込んでいる人、伸ばしている人、へらを使って仕上にかかっている人もいる。真剣な眼差し、寡黙と集中。

和菓子にはさまざまな種類があるが、職人の腕の見せどころは、何といっても「練切り」と呼ばれる上生菓子の分野だ。小豆あんや白あんにヤマトイモや求肥などを混ぜて練り上げた「練切りあん」を材料として、竹べらや布巾などを用いながら、手と指の技術を駆使してつくる伝統の和菓子。熟練の職人技とその意匠を考案する高い感性が求められる。

工場長の豊田文男さん(62)は、和菓子をつくって47年。15歳の春から玉井屋で腕を磨いてきた。練切りで難しいのは、ヤマトイモの扱いだ。多すぎることも少なすぎることなく、さりげなく入れて、あんとのハーモニーをどう持たせるか。イモを蒸す時の火加減、その後の練り方にも熟練が必要。

「今はレシピがありますが、ぼくらは先輩の仕事を見て経験と勘だけで覚えてきました」

和菓子は季節の移ろいとともにある。柏餅、水羊羹、栗きんとんなどの季節限定のもの。花や植物などの自然や祭り、伝統芸能など暮らしの風物詩を主題にした和菓子もおなじみだ。

「技術も大事ですが、やっぱり季節をどう表すかですね。秋は秋、春は春をどうつくるか」

和菓子にはつくった人の持ち味が はっきりと出る。大げさに言えば、感性が勝負の「作品」。練切りができるようになれば一人前だが、それまでには3年、4年はかかる。

和菓子つくり47年と書いたが、豊田さんの仕事は、最初の4~5年はほとんどが配達だった。自転車の荷台に和菓子を入れたキリダメという浅い木箱を高く積んで、岐阜市中を走り回った。

初めての和菓子づくりの仕事は、あん炊き。小豆を一晩水に漬け、翌日ガスバーナーで炊く。炊けたらざるに移して水で2~3回澁を切り、仕上の水で炊き上げる。あんは和菓子の命。あん炊きは基本中の基本となる重要な仕事で、徹底的に仕込まれた。

「火加減に苦労しましたが、初めて職人らしい仕事がやれてうれしかったですね」

最近、中学校や高校から、授業で和菓子づくりの実習指導を頼まれる。思い思いの形にでき上がった練切りを見せて得意げな生徒たちの無邪気な表情を見ると、自分の顔もほころんでくる。授業の評判がいいのもうれしい。

キリダメを山のように積んで、雨の日も雪の日も自転 車をこいで町へ出たのは、こんな歳の頃だった。豊田さんは半世紀昔を思い出して、ちょっと感慨にふけってみる。

Photo

【練切りのできるまで】

玉井屋本舗

  • 所在地:岐阜市湊町42
  • 電 話:058-262-0276
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3 投票, 平均値/最大値: 4.33 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/portrait/12668.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ