讃岐うどん 高松家 [サヌキウドンタカマツヤ]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

実直な主人が生み出す、感動の讃岐うどん。

讃岐うどん 高松家 [サヌキウドンタカマツヤ]

讃岐うどんの名店として知られる「高松家」の主人、宇佐見俊二さんの朝は早い。辺りがまだ薄暗い午前4時には、決まって店の打ち場に灯りがともる。

宇佐見さんは大阪で12年間、和食の修業を積み、結婚後に妻の故郷である岐阜へ。金華山水系の井戸水と長良川の伏流水に恵まれた土地で、香川産の粉と赤穂の塩を入手し、讃岐うどんの店を構えた。以来、この道一筋の人生を歩む。

讃岐うどんは四角く伸ばした生地を、折り重ねては伸ばす作業を繰り返し、生地に層を作る重ね打ちが特徴。空気を含ませたり抜いたりすることで、コシの強さ、なめらかさを微妙に調整する。

開店から28年間、毎日ひたすら麺を打ち続けてきた宇佐見さんだが、未だに年に1、2度は、麺を打つ手に違和感を覚える日があるという。体調なのか、天候なのか。いつものコシや柔らかさが出ない。

「これではお客様に出せない」。長年培ってきた勘は、麺の良さを見極めると同時に、その悪さをも見破る。そんな時、宇佐見さんは原点に返り、新たな粉から無心に麺を打ち直す。そして自ら良しと認めるうどんだけを、客のもとへ届ける。

柔らかな口当たりと、それでいて力強い弾力のある麺には、澄み切ったつゆの存在が欠かせない。利尻一等昆布の他、宗田かつお、さば、片口いわし、うるめいわし、むろあじなど9種類の魚から取るだしは、旨味が幾重にも重なり合い、圧倒的な深みと厚みがある。専用の鉄釜で煮出すため、雑味や濁りがない、まさに琥珀色のつゆだ。

「昔ながらのやり方で、手間をかけて作ることが、一番大切だと思いますね」。

当たり前のようでいて、これが難しい。主人の実直さに脱帽しながら、今日も極上のうどんを一杯、いただくとしよう。


Photo


讃岐うどん 高松家 [サヌキウドンタカマツヤ]

  • 〒500-8085 岐阜市白木町22
  • TEL.058-262-6972
  • 営業時間◇11:00~15:00、17:00~20:00(土曜日・祝日は昼のみ)
  • 定休日◇日曜日
  • 駐車場◇8台
岐阜市白木町22
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/10621.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ