FRECKLE gifu [フリークル ギフ]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

※FRECKLEさんは2013年10月に岐阜店を閉店されました。
商品については一宮店へお問い合わせください。

FRECKLEホームページ http://www.freckle.jp/


二人の思いを込めたオリジナルウェアブランド 着るほどに大切にしたくなる一着
FRECKLE gifu [フリークル ギフ]
路地裏に佇む一軒の古民家。柔らかな日差しの中で仲睦まじく話しているのは、一宮を拠点にウェアブランド『FRECKLE』を発信する中村若奈さんと小野信行さん。昨夏、岐阜に2号店を開いた。

 

「こんなに服があふれる中でどうしてしっくりくるものがないんだろう」―。何よりも服が好きで、アパレル業界に勤めながらも疑問を抱いていた若奈さん。「でも私はただ好きなだけで作ることはできなくて…」。そんな時に出会ったのが、同じ志を持ち、服飾デザインを学んだ経験のあった信行さん。

二人が製作を始めたきっかけは一枚の服。「特別なデザインではないけれど、ずっと愛用していたあるブランドのシャツが、急にどの店にも並ばなくなって困ったんです」。個性的でなくても飽きずに長く着られて、少しずつ愛着が増すものの価値を実感。「そんな服を作りたいね」と思いが一致した。

初めに季節に合った生地を選び、着ていくうちにどう変化するかを見極めてパターンを引く。裾1センチの長さやボタンの種類など、細部まで何度も話し合い、やっとデザインが完成。その後、裁断、縫製、プレスの工場へ足を運び、入念に打ち合わせる。「お客さんにまた同じ服が欲しいと言われたら最高に嬉しいね」と二人。日常使いするものだからこそ、洗濯のしやすさ、着心地、シルエットの美しさを追求。一見、潔いほどにシンプルでも、その端正なフォルムと心地よいフィット感は袖を通せば分かる。

「僕たちの服は地元の職人さんに支えられています。こんなに素晴らしい技をなくしたくないよな」と信行さん。衰退していく繊維の街の現状を肌で感じ、いつか工房を開いて匠の技を新たな世代に繋ぎたいという夢も芽生えた。

熟練の技による繊細な仕立て、ものや伝統を慈しむ二人の気持ちから生み出される一着だからこそ、より愛着も増すというものだ。


Photo


FRECKLE gifu[フリークル ギフ]

  • 岐阜市月丘町3-8
  • TEL.058-240-5308
  • 営業時間◇12:00~19:00
  • 定休日◇水曜日・第2・3火曜日(祝日の場合は営業)
    年末年始(12月28日~1月3日)
  • 駐車場◇4台
  • http://frecklebg.exblog.jp/
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 投票, 平均値/最大値: 3.50 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/12737.html/trackback

新しいコメントを記入

  • aun の新しいWEBサイトが出来ました
  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ