PIZZERIA E TRATTORIA DA ACHIU[ダ・アチュ]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

本場お墨付きの真のナポリピッツァを 伝統の技と情熱を受け継ぐピッツェリア
PIZZERIA E TRATTORIA  DA ACHIU[ダ・アチュ]
ナポリピッツァの伝統は深い。古くから伝わる職人(イオーロ)の技術継承を目的に発足した「ナポリピッツァ職人協会」と「真のナポリピッツァ協会」。その認定を受けた店だけが“本物”と胸を張ることができる。『DA ACHIU』はこの2つの看板を掲げる岐阜県下初のピッツェリアだ。

店主の若原敦史さんは10年前、雑誌でピッツァ職人の記事を読み「なんだ、この格好良さ!」と素直に思った。ピッツァを究めたいと愛知の名店『ピッツァイースト』で修業。その後、本場ナポリへも渡った。「本当にさ、ピッツェリアばっかりで驚いた。13歳の悪ガキも見習いをしてるんだ」。もはや文化として根付く歴史と誇りに、一層惹かれた。それから大須の『チェザリ』を皮切りに全国各地で腕を磨き、故郷の岐阜に店を構えたのが今年の1月。客足は上々だ。

「真のピッツァは厚みがあっても軽いから何枚でもいけるんだ」。ナポリピッツァは生地が命。水1リットルに塩は50グラム、粉・水・塩・酵母しか使用できないなど、規定も厳格。シンプルなだけに、材料の質や配合で趣向を凝らす。工程で特に難しいのが、練りだ。練り過ぎると歯切れが悪く、足りなければ十分に膨らまない。そこを見極めるのが職人の采配、と言う。

注文が入ると熟成発酵させた生地を手で伸ばす。450度の薪窯の中へ入れてわずか1分半。表面は香ばしくて中はもっちり、熱々のトマトとモッツァレラチーズが小麦の旨みを引き立てるナポリ名物「マルゲリータ」の完成。弾力、風味、塩加減が絶妙な一枚は、ついもう一切れ、と手が止まらない。

店は軌道に乗った。それでも彼に慢心はない。「次の夢はイオーロのさらに上、マエストロの仲間入り。この人達に認めてもらわないとね」。陽気な若原さんの表情が引き締まり、憧れの巨匠の写真を見つめる。その眼差しには、職人としての志と情熱が確かに存在していた。


Photo


PIZZERIA E TRATTORIA DA ACHIU ダ・アチュ

  • 岐阜市神田町7-17 神田ビル1F
  • TEL.058-266-1116
  • 営業時間◇11:30~15:00(OS14:30)
         17:00~23:00(OS22:00)
  • 定休日◇月曜日(祝日の場合は翌日)
  • http://www.facebook.com/da.achiu/
岐阜市神田町7-17 神田ビル1F
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3 投票, 平均値/最大値: 3.67 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/14090.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ