LINEFOLT SEE&HELLO! [ラインホルト シーアンドハロー]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

個性派作品に出会えるギャラリーショップ 楽しいことが〝はじまる場所〟に
LINEFOLT SEE&HELLO! [ラインホルト シーアンドハロー]
柳ケ瀬商店街にある「やながせ倉庫」。古いビルを改装して細い通路で繋いだ3つの建物に20以上のショップやカフェなどがひしめき合う。

この「やながせ倉庫」の顔として通りに面した101号室に店を構えるのが、個性的な作家作品を扱う『LINEFOLT SEE&HELLO!』だ。カラフルで遊び心のあるバッグ、細やかな手仕事が施されたアクセサリー、切り絵やイラスト、楽器まで。創作意欲に満ちた作り手たちの渾身の作品が所狭しと並ぶ。現在、取り扱う作家は29人。そのほとんどが持ち込みによる縁だという。

「未完成なものや、売れないものがあっても、それはそれで面白いと思うんです」と店主の今尾真也(まさや)さん。「そういう意味では、売り手や買い手より、作り手側に立った店といえるかもしれません。でも、それでいいんじゃないかな。いろんな人にとって、何かを発信する場所になれたら」。

大学3年生の時、高校時代の同級生2人と、このビルの2階にデザイン事務所を開いた今尾さん。卒業後、それぞれの道へと旅立ったはずの3人は、ひょんなことから再び集結。ここ数年で「アラスカ文具店」や「ラインホルトギャラリー」、「リトルクリエイティブセンター」を立ち上げ大奮闘。今春には「ラインホルトギャラリー」を進化させ、この店に生まれ変わらせた。

「『やながせ倉庫』という場所があったから、今の僕たちがある。だから、今度はここが誰かにとって、発信や発表をして、繋がりやチャンスを増やすような“はじまりの場所”になれたらいいなと思うんです」。

あえて当番制で作家に店番を依頼するのも、店づくりに積極的に関わってもらうことで、繋がりを広げてほしいからだ。店主も、作家も、客も、みんなが楽しいことを求めて集まる、はじまりの場所に―。

「いつか、ここをきっかけに、やながせ倉庫や柳ケ瀬でお店を開く人が現れたら、すごくうれしい」。そう話す今尾さんの屈託ない笑顔が輝いた。


Photo


LINEFOLT SEE&HELLO! ラインホルト シーアンドハロー

  • 岐阜市弥生町10 やながせ倉庫101号室
  • 営業時間◇12:00~18:00
  • 定休日◇水曜日
  • http://linefolt.com/
岐阜市弥生町10 やながせ倉庫101号室
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 投票, 平均値/最大値: 3.50 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/14109.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ