珈琲専門店 ル・モンド

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

殿町に佇むノスタルジックな珈琲専門店 安らぎの時間が流れる純喫茶へ
珈琲専門店 ル・モンド

殿町の本通りから北へ入った小路に、昭和の風情漂う『珈琲専門店 ル・モンド』がある。

扉を開けた先には、重厚感のある木造の装飾、レンガのアーチ飾り、モケット織のソファ、レトロなランプシェード。映画のワンシーンのような空間が広がっている。「やるからには数年で飽きるような店は作りたくなかったね」と話すマスターの長谷川増雄さんが、細部にまでこだわった古き良き欧州風の内装だ。

創業は昭和50年。若い頃からコーヒーが大好きだったという長谷川さん。東京で訪れた専門店に漂うコーヒーの香り、ほっとする雰囲気が記憶に残っていた。経営していた繊維関係の会社を畳み、独学で知識を蓄えて、30歳の時に店を構えた。当時、岐阜では珍しかった珈琲専門店はすぐに繁盛し、週末には行列ができたという。

コーヒーは昔ながらのサイフォン式。常連客と談笑して煙草を燻らせながらも絶好のタイミングは逃さない。「まったく同じ味に淹れることは難しいね。コーヒーは時間、火加減、メンタルに大きく左右される繊細なもの。少し待ってもらってでも美味しい一杯を飲んでほしい」。メニューには世界各国の珍しいコーヒーも並ぶ。本場のアイリッシュウイスキーを使う「アイリッシュコーヒー」。客の目の前で引火させてアルコールを飛ばすパフォーマンスは、この店の名物だ。

豆は開店当初から上島珈琲のものを使用。「焙煎はプロに任せて、その分、僕はその豆をいかに活かして上手に淹れるのかを追及したい」。

今日も店ではマスターとの会話を楽しむ常連客、馴染みのサラリーマン、買い物帰りに休憩をする婦人らが各々の時間を過ごす。昭和の純喫茶の佇まいを残すノスタルジックな雰囲気が店を包み込み、ゆっくりと時を刻む。外のざわめきから離れ、ここにしかない安らぎを求めてやって来る客を、歴史を重ねた扉がカランと音を立てて迎え入れる。


Photo


珈琲専門店 ル・モンド

  • 岐阜市殿町1-4 小栗殿町ビル1F
  • TEL.058-263-6036
  • 営業時間◇8:30~18:00
  • 定休日◇年中無休(1月1日・2日、盆を除く)
  • 駐車場◇3台
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 投票, 平均値/最大値: 3.00 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/15021.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ