とんかつの店 ふくべ

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

店主の丁寧な仕事が光るとんかつの名店 夫婦の笑顔と至福の味が心を満たす
とんかつの店 ふくべ

名鉄名古屋本線の高架線沿い。その一角にとんかつ屋『ふくべ』がある。「久しぶりやね~」「体調はどう?」。店内ではおしゃべり好きな服部元則さん、朝子さん夫妻が客との会話を楽しんでいる。

創業は平成7年。以前は柳ケ瀬で大衆割烹を営んでいた。「年を取っても二人で続けていける店がいいと思ってね」。新しい場所でカウンター10席ばかりのとんかつ屋を始めた。市場で無理なく手に入り、品質のいいものを提供できること。岐阜のこの場所で商いをすると考えると「自然ととんかつ屋だった」という。

素材はすべて国産のものを使用。かつは注文が入ってから丁寧に衣を纏わせる。厚さ2センチほどもあるヒレやロースは余分な脂身を取り、筋を切ってから中まで火が通るようにじっくりと揚げる。ラードを少なめに調合した油で揚げたとんかつは、サクサクの衣の中に肉の旨みが凝縮され、油のしつこさを感じない。「ここのとんかつは胃がもたれないわねってお年寄りにも喜ばれるわ」とほほ笑む朝子さん。時間をかけて調味料を練り合わせる特製の味噌だれが肉の味を引き立てる。ランチで人気のエビや野菜のフライはコーン油で揚げる。ぷりっとはちきれそうな黄金色のエビに、素材の味を強く感じるほくほくの野菜。とんかつに引けを取らない美味しさだ。

秘訣を問うと、元則さんは「何も特別なことはやってないよ」と控えめに笑う。それでもしっかりと処理された海老のしっぽはせんべいのように香ばしく、味噌汁はだしがふわりと香る。随所に料理一筋で歩んできた元則さんの丁寧な仕事が感じられる。

「さっきも10年ぶりに家族で来てくれたお客さんがいたねえ」。『ふくべ』を開店して約20年。「一年一年、今年も頑張ろうって続けてます」「二人とも健康でずっとやっていきたいね」。夫婦の笑い声と優しいとんかつでお腹も心も満たされる。


Photo


とんかつの店 ふくべ

  • 岐阜市高砂町2-3
  • TEL.058-263-2638
  • 営業時間◇11:30~14:00、17:00~20:30
  • 定休日◇木曜日
  • 駐車場◇3台
岐阜市高砂町2-3
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 投票, 平均値/最大値: 4.00 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/15088.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ