nuta [ヌタ]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

金公園の近く、古いビルの2階にある〝ものや〟 大切な〝もの〟たちに、愛情を込めて
nuta  [ヌタ]

見落としそうなくらい小さな『nuta』の文字。2階へと続く細い階段の脇に、店の在り処を知らせるささやかな表札が掛かる。「“ものや nuta”が本当の名前。書いてないけど」。店主の峯田千景さんが小さく笑った。

岐阜に店を開いて4年。秋田の曲げわっぱ職人のおひつ、洗う度に味の出る麻の布巾、刺し子の跡が残る昭和時代の酒袋、古い時代の陶器の高台…。大切に作られ、長く使い続けたい作家ものや、時の経過が刻まれた古いものが、淡い光の差し込む店内にしっとり馴染むように置かれる。何故だかそれら銘々が、独自の時間を有しているようだ。

「服飾作家さんが布の切れ端が捨てられず、繋ぎ合わせて作った鍋つかみです。使うと柔らかい風合いになって、またいいんです」。「これは日本の古い布。この穴がかわいくて!」。峯田さんがきゅんとくるのは、作り手の愛情が注がれた部分や使われてきた痕跡。深い慈しみを込めて語られる彼女の言葉を聞くうち、気付いていなかったもののもうひとつの顔が、魅力として見えてくるから不思議だ。

“もの”好きは性分と言える。小学生の頃には花屋など、何かを売る仕事が夢、中高生時代から錆びたものを集め始めた。初めて勤めた名古屋の雑貨屋でのこと。吟味された素材で丁寧に作られた一点ものが東京から届き、包みを開ける度に、その一品が発する存在感に酔いしれた。「気に入った子は自分で直して、使い道を変えて最後の最後まで見たいんです。ベッドカバーは切ってコースターにしたり、巻物にしたり。それこそ雑巾になって全うするまで」。

品物があふれる時代、買っては捨てる時代、何が必要か、自身が欲するものさえつかめない時代。ものの価値とは何か。「自分にとっていいものって、何も感じないんですよ。使ったときの違和感とか」。心から幸せそうな峯田さん。迷える心を導き、ものの存在意義を教えてくれる。


Photo

〈企画展〉

7/4~13 『ペブル印房展』


nuta ヌタ

  • 岐阜市八幡町37-3 2F
  • TEL◇058-214-9976
  • 営業時間◇12:00〜17:00
  • 定休日◇火・金曜日(臨時休業あり)
  • URL◇http://nuta.petit.cc/
岐阜市八幡町37-3 2F
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (5 投票, 平均値/最大値: 4.40 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/16454.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ