やながせ倉庫団地 [やながせそうこだんち]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

あちこち覗き込むたびにワクワクする202の部屋 住人たちの個性と出逢う小さな団地
やながせ倉庫団地 [やながせそうこだんち]

作家のアトリエやショップ、カフェや古着屋などが集まる「やながせ倉庫」に、またひとつユニークな場所が誕生した。大小さまざまに区切られた202のスペースに“入居”すると、作品や雑貨などが自由に並べられる『やながせ倉庫団地』。入居受付初日から申し込みが殺到。6月のオープンから2カ月で既に150近くが埋まった。

団地を管理するのは上田沙奈さん。父の哲司さんは、祖父から譲り受けた古い雑居ビルをリノベーションし、「やながせ倉庫」へと生まれ変わらせた張本人だ。ある日、父が切り出した。「お前、団地を管理してみんか」。

哲司さんと同じ仕事をするなんて無理だ、と沙奈さんは困惑した。「だって、父は一番尊敬する人。人としても仕事面でも。私は父には絶対になれない。あのハードルは超えられないって、分かってたんで」。コツコツとビルを改築し、苦労話は一切せず、誰からも慕われる父。存在は大きかった。でも、自分なりのやり方で父の力になれるなら。

高校はブラスバンドの部活に熱中、進学した専門学校を4カ月で中退、自宅で塞ぎ込み、手伝いで始めた庭師の仕事が性に合って没頭、そして一風変わった団地の管理人に。弱冠21歳にしてなかなか波乱万丈な人生は、これで結構面白い。「もう“普通”の基準が、おかしいかも」。

カウンターでパソコンとにらめっこしながら、時折、団地の様子を観察する。じっと部屋を覗き込んでいる人。愛しそうにアクセサリーを手に取る人。雑多に並ぶモノの向こうに、住人の顔が浮かぶ。「どうすれば皆さんに満足してもらえるか。まだまだ課題はいっぱい。住人たちとコラボしてイベントもやりたいし」。父譲りの世話好きな一面をのぞかせ、人懐っこい笑顔で沙奈さんは笑う。この団地にはいろんな人の夢や、想いが詰まっている。そして、彼女もまた、熱い夢や想いを抱えた住人なのだ。


Photo


やながせ倉庫団地 [やながせそうこだんち]

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (7 投票, 平均値/最大値: 4.57 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/16619.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ