和洋旬彩 Kuni [ワヨウシュンサイ クニ]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

旬を愉しむ、大人の美酒空間 丹精込めて創る、和洋の鮮やかな世界
和洋旬彩 Kuni  [ワヨウシュンサイ クニ]

にぎわう夜の駅前から少し離れた、静かな通り。『和洋旬彩 Kuni』に柔らかなあかりが灯る。木を基調とした落ち着いた店内には、料理と酒に舌鼓を打つ楽しそうな大人たちの姿。フレンチベースの“洋菜”と和食ベースの“和菜”を二本柱に、腕を振るうのは店主の田中国義さんだ。

中学卒業後すぐにフレンチの世界に飛び込み、その後和食に転向。この道一筋に歩む中、ソースやスープに創意工夫を凝らすフランス料理と、食材の持ち味を引き出す和食の違いを実感した。「それぞれの長所を生かせば、最高に美味しいものが作れるんじゃないかと思って」。和洋を融合させる創作ではなく、伝統的な手法にこだわり、平成21年にこの店をオープンさせた。

手間を惜しまず、基本に忠実に。旬を大切に、目でも楽しめる彩り美しい一皿を、という思いから生まれるのは、香り高い鰹だしが素材を引き立てる真丈や、確かな目利きで仕入れた鮮魚の造り、噛みしめるごとに肉汁がじんわりと広がるステーキ。そして、ワイングラスを器にして“畑”などのテーマを表現するアミューズや、大葉や赤ピーマンを使って斬新さと意外性を持たせたデザート。これまでの経験で培った技術と発想力が光る料理の数々は、一皿ごとに表情を変え、次の一品への期待感を膨らませる。そんな客の心をくすぐる演出と手頃な価格により、オープン以来着実にファンを増やしてきた。

ジャンルを超えて選ぶ楽しみは酒も同様。日本酒は25銘柄、ワインは100本以上と豊富なラインアップから、特徴や味わいなどが記された品書きを頼りに、料理とのマリアージュを楽しむのも一興だ。

寡黙に厨房に立ち、調理に全神経を注ぐ一方で、毎週更新する季節メニューの考案にも余念のない田中さん。「でも、食べてもらう人のことだけを考えて作られた愛情溢れる家庭料理には敵いません」。

真摯な姿勢で、日々料理に向き合い続けている。


Photo


和洋旬彩 Kuni ワヨウシュンサイ クニ

  • 岐阜市長住町7-2-9
  • TEL◇058-251-0292
  • 営業時間◇11:30~14:30(OS14:00)
         17:30~23:00(OS22:30)
  • 定休日◇日曜日、月曜日(月に1回)
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (5 投票, 平均値/最大値: 4.40 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/16716.html/trackback

新しいコメントを記入

  • aun の新しいWEBサイトが出来ました
  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ