Blume. [ブルーメ]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

本場で学んだアロマの魅力を伝える専門店 異国で出会った、安らぎの香りを届けたい
Blume.   [ブルーメ]

扉を開けると、ふわりと柔らかな香りが鼻をくすぐる。柳ケ瀬商店街の一角にあるアロマ商品の店『Blume.』。

店主の髙舘真仁さんが初めてアロマテラピーと出会ったのは十数年前。ふと訪れた店で嗅いだ芳香に、すうっと気持ちが明るくなった。「香りだけでこんなに気分が変わるなんて」。数年後、一人でドイツを放浪した際、今度はアロマオイルを使った酒に出会う。日本では芳香浴やボディケアのための品として親しまれているが、海外では医薬品としても扱われるため飲用が可能。見たことのない活用法に衝撃を受け、魅了された。その足でヨーロッパ中の調香師を訪ね歩き、たどり着いたのはイタリアの片田舎にある香水屋。「おじさん一人でやっている小さなお店でした。人手がいると言うので、そのまま1年修業させてもらったんです」。アロマオイルの歴史、草花からの抽出方法、精油の調合の仕方…。香りの文化が根付く国で身に付けた知識や技術は、糧となる。その後日本へ戻り、注文販売業を開始。サロンやマッサージ店などの希望や用途に合わせて調合を行う。その際にこだわったのはオイルの質だ。元々肌が弱いこともあり、オーガニック製品に造詣が深かった。同じ悩みを持つ人に安心して使ってほしいと、世界各国の厳しい有機認証を得た100%オーガニックのもののみを扱う。

平成25年には直営店をオープンし、店頭にはオリジナルブレンドも並べる。例えば花粉症に効くアロマは炎症を抑えるペパーミントに、粘膜をきれいにするティートゥリーなどを合わせて、効能と香りのバランスを整えた。さらに、マスクに付けたりハンドクリームに混ぜたりといった楽しみ方の提案や、ルームスプレー、石鹸などの商品展開にも力を入れる。「匂いを嗅いでいい香りだなって思ってもらいたい、それに尽きます」。優しく笑う彼の想いがその芳しい香りのように、ここから少しずつ広がっていく。


Photo


Blume. ブルーメ

岐阜市日ノ出町2-12

★Blume.からプレゼントあり!詳しくは読者プレゼントをご覧ください。
※応募締切は2016年6月10日

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (8 投票, 平均値/最大値: 4.13 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/16934.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ