ドイツデリカテッセン クリンゲン

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

ドイツの製法を守るハムとソーセージの専門店 本場ドイツの美味しさを日常にドイツデリカテッセン クリンゲン

マジョラムというハーブ入りのソーセージ「チューリンガー」は、ぷつっと噛むと肉汁があふれ出し、ほの甘いハーブの風味が重なる。ハムの「ペッパーモルタデラ」は、豚肉のコクの中に爽やかなグリーンペッパーが効く。長良川の畔にある、ドイツの製法で手作りするハムとソーセージの専門店『クリンゲン』の商品だ。陳列棚には耳慣れないドイツ名のハムやソーセージなど約30種類が並ぶ。

「パリッとした歯ごたえになるよう、天然の羊腸の具合に合わせてひねり方を調整します」。くるくると鮮やかな手つきで約10㎝のソーセージを仕上げていく店主の野村吉央さん。自らの手で作った食を客に届けたい、その思いが原動力だ。客との距離が遠いと大手飲食メーカーを退職後、「修業するなら一流じゃないと意味がない」とドイツ食肉マイスターの資格を持つ小島豊さんの店で働く。ドイツのハムやソーセージは1500種類という豊かさが魅力。そのすべてに、肉の配合や生地の練り方、成型方法などが精緻に決められている。「ソーセージは学問だ」とは師匠の言葉。ドイツの食文化の継承を担うマイスターの下での修業は、それは厳しかった。「基本的には見て学ぶのみ」。でも作るのが楽しくて、とほほ笑む野村さん。

店では岐阜県産の新鮮な約10㎏の豚肉が届くとまず、脂身、赤身、混合した部分などの部位別に分け、さらにランク付けする。商品の骨格となる工程だ。「配合した肉を粗びきにすればジューシーに、高速で混ぜると滑らかになります」。そうやってドイツで長らく愛されてきた食を、誠実に丁寧に作り上げることが、代えがたい喜びだ。

4月に構えた店は、本場の味は元より、手頃なセット商品や店頭での試食などの販売方法も功を奏し、今日も食卓にと客が集う。「納得の商品が作れる、この店のサイズがいい」。ドイツの伝統を、誇りを持って岐阜の小さな店で守る。


Photo


ドイツデリカテッセン クリンゲン

  • 岐阜市西材木町26
  • TEL◇058-263-0506
  • 営業時間◇10:30~19:00
  • 定休日◇火曜日(祝日の場合は翌日)
  • 駐車場◇1台
  • URL◇http://www.klingen-ham.com/
岐阜市西材木町26

★クリンゲンからプレゼントあり!詳しくは読者プレゼントをご覧ください。
※応募締切は2016年9月10日

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (8 投票, 平均値/最大値: 4.38 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/17188.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ