洋風居酒屋 Pannonica [パノニカ]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

ジャズを愛する女性店主が営む洋風居酒屋 音楽をもっと、自由に楽しむ場所
洋風居酒屋 Pannonica [パノニカ]

雑居ビルの地下へ降りると、その先に『Pannonica』はある。店内では軽快なベースの音色や歌が響き、客たちはリズムを刻む。グラスを傾けながら談笑する人、料理を口に運び笑みを浮かべる人。その誰もが楽しそうだ。

店主の甲斐幸恵さんは子どもの頃から大の音楽好き。2歳半からピアノを始め、24歳の頃にジャズを知った。自由な空気感、躍動感ある音に魅了され、ジャズピアニストを志すように。そんな矢先、猛練習の影響で原因不明の運動障害を発症。指が思い通りに動かなくなってしまう。それでも、やっぱり音楽からは離れたくなかった。ジャズバーで働くようになり、音と客が一体になる空間に魅力を感じた。「でもチャージもあって敷居が高いんですよね。また料理メインではないので集まるのは音楽が本当に好きな人ばかり」。それはミュージシャンたちの音が多くの人に知られずに終わるということ。「誰でも気軽に入れる店を」と、10年かけて資金を貯め、昨年2月、念願の店を構えた。

週に1回から開かれるライブはジャズに限らず、ロック、クラシック、三線(さんしん)などオールジャンルで、基本チャージはフリー。「チャージフリーだと大変ね、と言われるけど、それよりもいい音楽を共有できる楽しさが強くて」。やっと実現した場所を懸命に守る幸恵さん。支えるのはシェフであり、夫である霧燈(きりと)さんだ。シェフ歴40年の経験から培った、丁寧に仕込む料理が評判を呼び、多くの客が足を運ぶきっかけに。昼は日替わりのほか、ハンバーグや唐揚げなどが味わえる定食スタイル、夜は和・洋・中、バラエティー豊かなメニューが一堂に会する。「今は利益はほぼなくて(笑)。でもまずは気軽に入ってもらいたいから」と二人。

型に捉われないジャズのように、誰もが自由に音楽に親しめること。幸恵さんが半生かけて愛する音楽。その第二の夢は、じわりと確実に、この場所で根付き始めている。


Photo


洋風居酒屋 Pannonica [パノニカ]

  • 岐阜市神田町5-17 杉山ビルB1F
  • TEL◇058-214-8623
  • 営業時間◇11:00~OS14:00(平日のみ)、
         17:00~23:00
  • 定休日◇日曜日(ライブ開催日は営業)
〈無料LIVE〉
1/5  末岡メグ(vo)・堀場英治(p)
1/27 ヘレン・ホーマー(vo)
   近藤有輝(p)
〈有料LIVE〉
1/11 寿永アリサ(vo・pr)
   予約3,600円(税込)
   当日4,000円(税込)
岐阜市神田町5-17 杉山ビルB1F

★Pannonicaからプレゼントあり!詳しくは読者プレゼントをご覧ください。
※応募締切は2017年3月10日

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (9 投票, 平均値/最大値: 4.33 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/17411.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ