かまぼこおにぎりとさーたーあんだーぎーの店 ティダティダ

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

昭和の佇まいを残すビルの1階にあるおやつ屋さん 毎日を幸せにする、丸いおやつたち
かまぼこおにぎりとさーたーあんだーぎーの店 ティダティダ

蒸し器の中で、こぶし大の「蒸しパン」が、ぽこぽことできあがる。沖縄のドーナツ「さーたーあんだーぎー」がサクッと揚がり、ころころと山になる。「大量にできた光景を見ると、よしよしって思うんです」。満足気に話すのは『ティダティダ』の店主・水野陽子さんだ。「気付いたら作るものすべてが丸で(笑)」。食べるよりも作って食べさせることが好き、という水野さんが、平飼いの鶏の卵や国産全粒粉、黒糖など、体に優しい食材でシンプルに作る丸いおやつは、何気ない日常をふわりと幸せにする温もりがある。店は昭和映画を上映する柳ケ瀬の劇場の1階にある。

始まりは10年以上前。子育て中に働いた沖縄料理店でのこと。「さーたーあんだーぎーの、ボウルで材料を混ぜて混ぜてっていう単純な作業が性に合って」。楽しくて自宅で作り、じきに地元の祭りやフェスなどに出店。拠点が欲しいと思い始めた矢先、この場所と縁が繋がった。平成26年、おもちゃのパチンコ台やレトロなタイルなどで飾った、小さなテイクアウト専門店を開く。木枠の小窓からエプロン姿の水野さんが顔を出すと、サラリーマンや主婦、商店街の店主らがふらりと立ち寄る。映画鑑賞帰りのお年寄りはのんびり世間話。「お話だけの方も多いですね(笑)」。

最近は豆乳を使った、もちもちの蒸しパン作りにはまっている。ほんのり甘い生地に、苺やカレーなどの具の風味がぐっと広がる。「私が作るのはお母さんのおやつ。空腹のときに頬張るような」。特別ではない普段のものを。思いのルーツは高校時代にあった。学校帰りに通ったチャキチャキのおばちゃんが営む店。お好み焼き180円、ラーメン390円。地元の人や高校生、教員が憩う場所。毎日そこにあって気軽に寄れる安心感にほっとし、力をもらった。

みんなの日々の活力を、商店街の一角で、小さな丸いおやつで。いつも元気に、そっと支えられたらと思っている。


Photo


かまぼこおにぎりとさーたーあんだーぎーの店 ティダティダ

  • 岐阜市日ノ出町1-20 ロイヤルビル1F
  • TEL◇058-263-2278
  • 営業時間◇11:00~17:00(平成29年4月より)
  • 定休日◇水・木曜日、毎月12・28日
        ※そのほかイベント出店など不定休あり
  • URL◇http://tidatida.com
岐阜市日ノ出町1-20 ロイヤルビル1F

★ティダティダからプレゼントあり!詳しくは読者プレゼントをご覧ください。
※応募締切は2017年6月10日

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (9 投票, 平均値/最大値: 4.33 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/17608.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ