curry & beer Dhire Dhire Curry [ディレディレカリー]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

curry & beer Dhire Dhire Curry  [ディレディレカリー]
インドで体感したスパイス料理の魅力が一皿につい、今日も食べたくなる魅惑のカレー

長住町にある『Dhire Dhire Curry』には昼時、“あれを食べないと気が済まない”という衝動を抱えた客が訪れる。その目的は、スリランカカレーにキーマカレー、チキンカレーの、巧妙にスパイスが効く見た目も愉快な3品。

物腰穏やかな店主のナカノダイサクさんは、バックパッカーだった20代、友人の勧めから、ふとインドへ。「一瞬やばいとこ来たと思ったけど、だんだん目の前の難関をクリアするのが楽しくなって(笑)」。混沌として未整備のインド。生活環境やサービスが整う日本にはない刺激に惹かれて度々訪問し、ローカルのペースに合わせて暮らした。

元来の料理好きだ。延べ2年にも及ぶ滞在で、無意識に、実にじわじわと、体に蓄積されたものの一つが、種々のスパイス料理の記憶。インド人の友人の妻が作る家庭料理。香辛料の妙に、ガツンと活力を得た料理店の一皿。ガンジス川沿いの屋台で出会った、病みつきになる庶民の味。「好奇心からキッチンを見せてもらったり、現地の野菜と香辛料で自炊したり」。味の記憶を体に染み込ませ、日本での暮らしに戻った。

初めは趣味だった。基本のレシピを中心に、現地で度々体験した“夢中になる味”を思い描いてスパイスの配合をアレンジし、手間暇かけて作ったカレーを知人が催すイベントで出すと、思いがけず好評。ついに昨年、店を開いた。

キーマカレーは、香辛料がピリリとくる豚ひき肉をトマトの酸味が効くカレーと合わせると、爽快感が癖になる。スリランカカレーは、コク深い豆カレーと野菜炒め、肉などの幾多の風味が口内で踊る。驚くことに材料はどれも香辛料に塩、野菜、肉とごくシンプルだが、辛味や酸味、旨味に甘み、そして食感のバランスが実に面白く刺激があり、食べる楽しみに溢れる。舌や目、鼻、胃、肌にまで宿る記憶で、今もバージョンアップし続ける魅惑のカレーから、あなたは逃れられるだろうか。


Photo


curry & beer Dhire Dhire Curry [ディレディレカリー]

  • 岐阜市長住町7-12-2 高崎ビル1F
  • TEL◇058-214-3263
  • 営業時間◇11:30~14:30
         17:30~最終入店21:00
  • 定休日◇木曜日、日曜日の夜
岐阜市長住町7-12-2 高崎ビル1F

★Dhire Dhire Curryからプレゼントあり!詳しくは読者プレゼントをご覧ください。
※応募締切は2017年9月10日

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (10 投票, 平均値/最大値: 4.30 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/17751.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ