コーヒーかまた

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

コーヒーかまた
柳ケ瀬で半世紀以上愛される老舗の喫茶店懐かしいあの味を求めるすべての人へ

10月上旬より一時休業いたします。再開は来春予定

ナポリタンやオムライス、カニクリームコロッケ。戦後、庶民の間で瞬く間に浸透した洋食。人々の心を捉えた外国風の斬新な料理は、“昭和の味”として今も根強く愛される。『コーヒーかまた』でも馴染みのメニューだ。

戦後間もない昭和23年に、初代・安井春一さんが食堂として創業。その後、柳ケ瀬にビルを竣工し、1階と2階で100席もあるレストランとして華々しくリニューアルした。「新しいものがどんどん入る面白い時代だったでしょ。自動ドアやテレビ、エアコンもいち早く取り入れたハイカラな店だったのよ」と夫婦で2代目を継いだ晴子さん。毎日たくさんの客が店の雰囲気を好んで訪れ、オムライスやパフェを頼み、プロレスや野球観戦に熱中した。また、豊富な洋食が楽しめるスタイルは当時としては珍しく、特別な日を祝う場として、多くの家族連れも利用したという。22年前、夫の芳弘さんが亡くなった。3代目を継ごうにも息子の昌弘さんはまだ学生。晴子さんは店を守ることを決意。メニューを大幅に減らし、喫茶店へと移行した。

しかし、ついに3年前、居酒屋や喫茶店などで腕を磨いた昌弘さんが3代目を継ぐ。甘めの特製ケチャップソースが後を引く美味しさの、赤ウインナーなどが入った太麺のナポリタン。ケチャップライスを卵でしっかりと包んだオムライス。昔ながらの味を追求したメニューが復活。さらに、新たな看板商品も登場した。ふわふわの玉子焼きをはさんだ厚焼き玉子サンドは、売り切れる日もあるほどだ。

店には「昔のままやね」と嬉しそうに料理を頬張る客や、3世代で通う常連客の笑顔が戻った。「僕自身、昭和の雰囲気が好きなんです。家族で食べた懐かしい味や、美味しかったなっていう記憶があって。思い出すと温かい気持ちになります」と昌弘さん。“昭和の味”で蘇るかけがえのない思い出。変えないことで、守っていく。


Photo


コーヒーかまた

  • 岐阜市神田町4-16 2F
  • TEL◇058-262-4067
  • 営業時間◇11:00~20:00(OS19:00)
         ※木曜日は17:00まで
  • 定休日◇月曜日
岐阜市神田町4-16 2F

★コーヒーかまたからプレゼントあり!詳しくは読者プレゼントをご覧ください。
※応募締切は2017年9月10日

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (9 投票, 平均値/最大値: 4.33 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/17766.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ