coffee and music Honky Tonk [ホンキートンク]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

音楽をこよなく愛する店主が営む珈琲と音楽の店 魅力的な音楽に出会う、隠れ家カフェへ
coffee and music Honky Tonk [ホンキートンク]

長良橋通り沿いにあるビルの2階で営まれている『Honky Tonk』。扉を開けると、まるで街なかの喧噪とは離れた粛々とした空間に、緩やかな音楽が満ちている。

「音楽の話になると、長くなりますよ」と愉快そうに話す店主の中本拓志さん。10代の頃から音楽を愛好し、デスメタルやハードメタルにはまった青春時代。そして20代、あるロックバーに足繁く通い詰める。60~70年代のレコードがあふれるその場所で、より一層音楽に傾倒。さらに時代を遡り30~40年代に流行したブルースにまで手が伸び、ジャズの魅力を知った。それからボサノヴァ、ポップスなど、数え切れないほどの愛しい音に出会った。「音楽への想いに気付いた特別な店ですね」。たくさんの魅力的な音源と店主の人柄、気負うことのない空気感が好きで、自分もいつかそんな店が開けたらとレストランチェーンを展開する会社に5年勤め、料理や経営を学んで、平成26年、気軽に音楽に出会えるカフェをひっそりと開いた。

カウンターの一角に並ぶのは枯葉色を帯びたレコードジャケット。無機質なモルタルの壁と古材で構成された店内は、ぼんやりと灯るエジソンランプに照らされ、深々とした落ち着きを宿す。そんな空間で味わえるのは、地元一宮市のスペシャルティコーヒー専門店に特注した苦みと酸味が程よいオリジナルブレンドや、穀物の風味豊かなライ麦入りパンに、パストラミビーフや自家製ザワークラウトなどを挟んだ自慢のルーベンサンド。シンプルな美味しさのケーキにもファンが多い。

開店から3年が経った。音楽好きが開いたカフェは、着々と客の心を捉えてきたが、現状に固執はない。「10年後も今と同じカフェという形態ではないかもしれません。何をどう取り扱うかは美的意識が同じ方向を向いていればいいと思っていて。ただ、変わらないのはそこに音楽があることでしょうね」。


Photo


coffee and music Honky Tonk [ホンキートンク]

  • 岐阜市神田町6-2 富田屋総本家ビル 2F
  • TEL◇058-266-5515
  • 営業時間◇13:00~23:00(OS22:00)、(土・日曜日・祝日は12:00~)
  • 定休日◇木曜日
岐阜市神田町6-2 富田屋総本家ビル 2F

★Honky Tonkからプレゼントあり!詳しくは読者プレゼントをご覧ください。
※応募締切は2018年3月10日

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/18022.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ