旬のお料理 桃花館 [とうかかん]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

約30年、愛され続ける和洋の創作料理店 旬を味わい、思い出に残るひとときを
旬のお料理 桃花館 [とうかかん]

ちょっと贅沢なランチに舌鼓を打つ母娘。毎年、互いの誕生日を祝い合う夫婦。柳ケ瀬にある和洋創作料理店『桃花館』では皆、美しい一皿を目の前に表情を緩ませる。

オーナーシェフの河西聡さんは料理人を志し、専門学校を卒業後、名古屋のホテルの和食部で修業。しかし、まったく手法が異なるフレンチにも惹かれ、先輩の店の厨房に入り、その技術も学んだ。「例えば魚の骨。和食では使わない材料から多彩なスープやソースが出来上がる。調理法次第でこんなに表現が広がるんだって、驚きでしたね」。

25歳で岐阜市茜部に店をオープン。順調に客足を伸ばしたが、46歳の時に岐阜市宇佐へ移転。大切なのは、一人ひとりに思いを注いだ料理を届けること。自身の体力に合わせ、客席数を減らすための決断だった。そして平成29年3月には、残りの料理人人生を全うするためにと、この柳ケ瀬で再出発を切った。

料理は季節感を盛り込むことを何よりも大切にする。「いろんな食材が年中出回るようになりましたが、やっぱり旬があり、それが一番美味しい」。ニンジンの甘みが際立つムースにコンソメのジュレを合わせた前菜や、ソースにまでその豊潤な旨みを閉じ込めた牡蠣のグラタン。しっかりと手間暇かけられた品々を口に運ぶと、なんとも幸せな気持ちで満たされる。「特別なことはしていませんよ」と謙虚に微笑む河西さん。「でもずっと、真面目にやってきたことだけは間違いないんです」。

ある日、長年の馴染み客からこんな注文が入った。「亡くなった夫が好物だった冬瓜を使ったメニューを作ってほしい」。一緒に過ごした時間に思いを馳せ、料理を味わう婦人の姿。自分の料理が誰かの思い出に刻まれていることが嬉しかった。食事をして「美味しいね」と笑い合う時間。それは誰にとってもかけがえのないものだ。だから、河西さんは今日も目の前の一皿に全霊を注ぐ。


Photo


旬のお料理 桃花館[とうかかん]

  • 岐阜市徹明通1-19 KASAHARAビル1F
  • TEL◇058-265-0038
  • 営業時間◇11:30~15:00(OS14:00)、17:00~22:30(OS21:30)
  • 定休日◇水曜日
  • URL◇http://tohkakan.com/
岐阜市徹明通1-19 KASAHARAビル1F

★桃花館からプレゼントあり!詳しくは読者プレゼントをご覧ください。
※応募締切は2018年3月10日

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/18039.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ