ガラス物語 hanagataya[ガラスモノガタリ ハナガタヤ]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

家族で創り上げる素敵な「ガラス物語」。ガラス物語 hanagataya[ガラスモノガタリ ハナガタヤ]

ガラス物語 hanagataya

静かな住宅地に建つビルの一室。柔らかな陽射しが差し込むサロンで、年数回小さな展示会が行われている。テーブルに並ぶのは、涼やかな泡ガラスの器やトンボ玉ジュエリーの数々。

昔からガラスが大好きだったという西垣まさ代さん。十数年前、琉球泡ガラスの第一人者・稲嶺(いなみね)盛吉氏の個展に赴き、衝撃を受けた。すぐに沖縄にある工房を訪れ、琉球泡ガラスの技法を直々に伝授される。「とにかく、何事も行動してみないと気が済まなくて」。その後、揖斐川町坂内に泡ガラスの工房を構えた。心地よい風が吹き抜ける山里の工房は、稲嶺氏に「風遊(かじ)」と名付けられた。

98年には夫の晴夫さんとともに、柳ケ瀬にギャラリーと体験工房を併設した「ガラス物語 hanagataya」をオープン。やがて、娘の亜弥さんと明香(さやか)さん、息子の純平さんも、ガラスの世界へ飛び込んできた。家族で描き始めた物語。「風遊」からは正統な琉球泡ガラスの技法を守りつつ、女性らしい繊細なフォルム、使い勝手の良さを備えた作品が次々と生まれた。各地の百貨店で展示会を開き、ファンも全国に広がった。07年には柳ケ瀬のギャラリーから自宅のある殿町へと拠点を移す。時には母娘で人里離れた工房にこもり、何時間も、ひたすら無心で創作に打ち込む。

「私達は家族5人が集まって、ひとつのものを創っている。みんながいるからこそ、ここまでできたんだと思います」と、まさ代さん。すでに、これから始まる物語の構想も膨らんでいる。舞台はヨーロッパへ。『思い立ったら即行動』という母の精神を受け継いだ純平さんは、先日、早速現地を訪れた。岐阜から全国へと旅立つhanagatayaの手作りガラスが、海外のギャラリーに並ぶ日も近いだろう。

Photo


ガラス物語 hanagataya[ガラスモノガタリ ハナガタヤ]

※移転されました。

  • 〒500-8116 岐阜市殿町1-16-2 花形屋ビル2F
  • TEL.058-262-1363
  • 営業時間◇10:00~17:00(要事前予約)
  • 駐車場◇3台
  • http://www.hanagataya.com/
岐阜県岐阜市殿町1丁目16-2

宙吹ガラス工房 風遊

  • 〒501-0903 揖斐郡揖斐川町坂内坂木1118-1
  • TEL.0585-53-2210
  • コメント:(2)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 投票, 平均値/最大値: 1.00 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

ご無沙汰しています ^^。2月26日~3月23日

までお見えになるんですね。きっと何度かお邪魔

するかと思いましが、そのときは連絡しますね。

ようこそ、三重県へ 大いにコマ-シャルしておき

ます。

 ご無沙汰してます。今回は泊まりで菰野にお見えに

なるんでしょうか?3月1日午後におじゃまします。

長さの調節もお願いしたいので ^^。

トラックバック

トラックバックはまだありません。
トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/2216.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ