アートギャラリー 水無月[アートギャラリー ミナヅキ]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

ふらりと立ち寄りたい身近なギャラリー。 アートギャラリー 水無月[アートギャラリー ミナヅキ]
アートギャラリー 水無月[アートギャラリー ミナヅキ]

あなたは街角にあるギャラリーを覗いたことがあるだろうか。あるいは、芸術には興味がないからと、素通りしてしまうだろうか。

金華橋通り沿いにある「アートギャラリー水無月」は、県内出身の作家を中心に個展を行う企画画廊。「若い作家との企画が多いのは、一緒に育っていけるから。それに、面白いしね」とオーナーの豊田純さん。自らの審美眼と直感に訴える若手作家を掘り起こし、作品発表の場を提供する。個展の準備期間はおよそ1年。打ち合わせを重ね、時に相談に乗り、時に見守りながら、作家と寄り添い初日を迎える。「個展ごとに毎回、違う店をオープンしているような気分だね」。そう話す表情は、いかにも楽しそうだ。

幼い頃から日本画家の母・美枝子さんに手を引かれ、頻繁にギャラリーや画廊を訪れた。自宅では絵画教室のデッサン会が開かれ、気付くといつも絵画が身近にあった、という豊田さん。26歳で商売を始めようと思い立ち、ごく自然の成りゆきで柳ケ瀬にギャラリーを開いた。2004年に現在の店舗へ移転。窓からは、息子が通う小学校と青々と茂るサワグルミが見える。

数々の絵画に囲まれて日々を過ごす豊田さんにとって絵画の魅力はと聞くと、困ったように苦笑した。そして「例えば犬が好き、オレンジ色が好き、っていう人がいるのと同じように、僕は絵画が好きっていうだけだよ」と飄然(ひょうぜん)と笑った。

町を歩いて、大好きなショップに立ち寄るように。ふと、本屋の棚から文庫を手に取るように。気軽にギャラリーを覗いてみてはいかがだろう。個展のたびに全く違う表情を見せるこのギャラリーが、いつしか、何度も足を運んでしまう身近な場所へと変わることだろう。

Photo


アートギャラリー 水無月[アートギャラリー ミナヅキ]

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/3363.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ