餅菓子・アイスクリーム 松乃屋[マツノヤ]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

いつまでも変わらない 懐かしい味と作り手の真心。餅菓子・アイスクリーム 松乃屋

餅菓子・アイスクリーム 松乃屋

長良橋から少し北東へ入った住宅街。小道に馴染むように佇む一軒の老舗。大正末期創業の餅菓子とアイスクリームの店「松乃屋」だ。

白い暖簾をくぐってガラス扉を押し開ける。古い賞状、使い込んだカウンター、鉄製の机といす。店内にはいかにも懐かしい空気が漂う。笑顔で迎えてくれるのは、4代目の鬼頭孝幸さん。本巣市の和菓子屋で16年間修行した後、代々営む店を受け継いだ。

名物は、昭和25年から素材と製法を守る「もなかアイス」。注文すると、大きなステンレスの容器からアイスをすくい、最中に詰めてくれる。脱脂粉乳で作るアイスは卵や牛乳を一切使わない。シャーベットのようなあっさりとした甘み、さらりとした口どけが魅力。これをあふれんばかりに盛った「大盛りコップ」は、通称“バクダンアイス”と呼ばれ、こちらも常連から長く愛されている。

草餅やおはぎ、どら焼きなどの味わい深い手作りの和菓子に魅了される客も多い。北海道産の小豆、特別栽培の国産小麦粉や厳選した黒大豆など、使う材料からこだわりがうかがえる。「とにかくお客さんに安心して食べてほしいね」と話す鬼頭さんは、製菓衛生師の資格を持つ、食の安全のエキスパート。自然のままの素材だけを使う姿勢を貫くことで、「体へのやさしさ」を追求しているのだ。

「昔からずっと仕入れ先は一緒。信頼できる素材で当時と同じように作るうちのお菓子は、何を食べても安心です。自信を持って体にやさしいと言えるお菓子を、一人でも多くの人に食べてもらえたら」。

80年以上、守り続ける製法。そこから生まれる懐かしい味わい。「いつまでも変わらない」のは、心から安心して食べてほしいと願う、鬼頭さんの真心と同じだ。

Photo


餅菓子・アイスクリーム 松乃屋[マツノヤ]

  • 〒502-0071 岐阜市長良弁天町93-2
  • TEL.058-231-9337
  • 営業時間◇8:00~19:00(夏季は20:00まで)
  • 定休日◇水曜日(夏季は水曜日の雨天時以外は営業) 駐車場◇1台
岐阜県岐阜市長良93−2
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/437.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ