空穂屋[ウツボヤ]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

歴史の風を感じる古民家スペース。

空穂屋

伊奈波通りから北へ入った静かな通りに今年10月、カフェ&和雑貨店「空穂屋」がオープンした。築100年の古民家を再生。「うなぎの寝床」と呼ばれる京町家の典型的な間取りを生かした造りは、外観からはわからない情緒あふれる贅沢を内に秘めている。

ペルー・スイス・キューバなど世界47カ国、数々の世界遺産を旅したオーナーの上松さん夫妻。「外国から見た日本の伝統文化の美しさや、古く残るものへの感動を後世に伝えたくてね。この町家も岐阜の遺産にしたいね」と目を輝かせる。

入り口すぐの空間では和雑貨や古着物を販売。旅の途中で集めた骨董品が並ぶ廊下に、天井の明かり採りからやわらかい光が差し込む。その隣にはアンティーク家具を並べた上品なカフェスペース。さらに奥へ進むと茶室と立礼席が現れる。窓を開ければ深緑の木々と赤い和傘のコントラストが映える坪庭の景色が広がる。重厚感あふれる扉の向こうには、蔵を利用したアート作品のギャラリーも。奥行き40メートル、約140坪の中に5つのスペースが存在する店内は、探検するような楽しさと随所に残る懐かしさであふれている。

そんな店で「自然に沿った生き方をしたい」という上松さん。メニューには厳選したオーガニック食材を使用。無添加にこだわりヘルシーに仕上げた手作りの「焼きドーナツ」が自信作だ。シックなアンティークのソファに座り、ゆっくりと味わいたい。

木造町家の奥へと続く廊下を、戦禍をくぐりぬけた歴史の風が通り抜ける。古き良き時代に思いを馳せ、日常から少し離れてゆったりと心を落ち着かせる。そんなスロータイムを「空穂屋」で過ごしてみてはいかがだろう。


Photo


空穂屋[ウツボヤ]

  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/4810.html/trackback

新しいコメントを記入

  • 編集グループで働くメンバーを 募集しています。
  • aun の新しいWEBサイトが出来ました
  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ