茶屋 赤鰐 [チャヤ アカワニ]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

岐阜の夏の定番、こだわりかき氷。

茶屋 赤鰐 [チャヤ アカワニ]

金宝町通りから小路を北へ入ると、のれんが目印の小さな店がある。岐阜でかき氷といえばすぐに名前が挙がるほどの言わずと知れた店、そう「茶屋 赤鰐」だ。

オープンは14年前。調理師学校を卒業して、レストランバーや居酒屋で働いていた店主の五島さん。26歳の時、名古屋の有名な甘味処で働き始め、その1年後、岐阜市の中心地に自分の店を開いた。

店の自慢は、年中いただけるかき氷。小さな器に驚くほど高く盛られた氷は、ふわふわできめ細やか。その上に、季節のフレッシュフルーツで作ったシロップがたっぷりと載っている。口解けのよい氷とフルーツの豊かな香り、さっぱりとした甘みが調和した逸品だ。その美味しさの秘密は、氷にある。硬すぎても溶けすぎても、細かくふんわり削ることができない。温度管理が大切。頻繁に研磨した刃を使い、弱めの圧力で削る。見る見るうちに、粉雪のような氷が高く降り積もる。オーダー後に作った果肉たっぷりのシロップを掛けて完成だ。

手作りわらびもちも人気メニューのひとつ。出来たての餅に、大豆をミルで挽いた自家製きな粉を付けていただく。つぶつぶとした食感と大豆の風味が、つるりとした餅の美味しさを一層引き立てる。

夏の暑い日は、行列が途絶えることがない。一日に300杯のかき氷を作ることもあるとか。その人気ぶりに、「かき氷屋ってめずらしいからじゃないかな」と笑う五島さん。忙しいからといって手抜きはせず、製法は創業以来同じ。自分が美味しいと思うものを作ることにこだわる。それが、五島さんのプライドだ。

「今まで食べたことのない食感が楽しめるはず」という自信作。うだるような暑い日に、赤鰐のこだわりかき氷。これが、岐阜の夏の定番なのだ。


Photo


茶屋 赤鰐 [チャヤ アカワニ]

  • 〒500-8838 岐阜市八幡町13
  • TEL.058-264-9552
  • 営業時間◇11:30~20:00(夏季は11:00~)
  • 定休日◇水曜日(夏季は無休)
岐阜県岐阜市八幡町13
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/8032.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ