みそかつ 三和 [ミソカツ サンワ]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

あったか家族が営む昔ながらのみそかつ屋。
みそかつ 三和  [ミソカツ サンワ]

木之本小学校の東、住宅街の一角に「三和」はある。昭和38年に大衆食堂として創業。今はみそかつ専門店として、老若男女を問わず親しまれている。厨房に立つのは、初代店主の長屋周吾さんと娘の敦子さん。敦子さんは父の味を受け継ぐべく、修業の真っ最中だ。

客を虜にするのは、大衆食堂時代から不動の人気を誇るみそかつ。毎朝仕入れる新鮮な生豚肉に衣をまとわせ、高温の油の中へ。湿気を含みやすい生パン粉の状態に合わせて揚げ時間や温度を見極める。キツネ色に揚がったかつにかけるのは、八丁味噌と白味噌をブレントしたコクのある甘辛味噌だれ。サクサクのかつに、さらりとした味噌がしみ込み、上にかけた山椒の香りがすっと鼻を抜ける。

ふっくらと焼き上げる豚肉100パーセントのハンバーグも外せない。驚くほど柔らかく、口に入れた瞬間にほわっと崩れる。270グラムとボリューム満点だが、女性でもぺろりと完食するほどだ。

カウンターの中でてきぱきと調理をしながらも、客席の様子を気にする敦子さん。箸を付ける手元や初めの一口を食べる瞬間にじっと目をこらす。「柔らかい、おいしい、という表情や口の動きを見るのが最高に幸せです」とにっこり。「ごちそうさん、ありがとうって笑顔で言われると、胸がいっぱいになります。この店を継いでよかったって」。

職人気質で仕事に一生懸命な父。「頑固なところが父に似ているかも」とおどけながら、父の背中を一心に追いかける娘。馴染み客の好みを知り尽くした親しみのある接客で二人を支える母。家族ならではのにぎやかでアットホームな雰囲気も魅力の一つ。「常連さんも家族みたいなもんだね」と話す優しい笑顔に、アツアツのみそかつに、心がほっと温まる。


Photo


みそかつ 三和[ミソカツ サンワ]

  • 〒500-8867 岐阜市木ノ本町1-3
  • TEL.058-251-4035
  • 営業時間◇11:30~14:00(OS13:30)
  • 定休日◇水曜日
  • 駐車場◇8台
  • コメント:(3)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

久しく三和さんで食べていないので、記事を読んで食べたくなりました。
みそかつにするかハンバーグにするか、悩ましいです。

ぜひ行ってくださいー!!
私は今の気分でいえばひれかつですね♪あの味噌が食べたい!!!!
あと1か月もすればカキも登場しますよ☆

小学校の頃、親戚が近くにあり、遊びに行くと必ず三和のみそカツを出前で頂いてご馳走になった思い出があり、味も昔と変わらず懐かしく、度々訪れています。お昼のみの営業で、晩飯に伺うことが、残念です。いつまでも、元気に営業されることを願っております!

トラックバック

トラックバックはまだありません。
トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/8474.html/trackback

新しいコメントを記入

  • aun の新しいWEBサイトが出来ました
  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ