岐阜 岡女堂 [ギフ オカメドウ]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

一粒一粒に、甘みと思いをじっくり込めて。

岐阜 岡女堂 [ギフ オカメドウ]

昭和の面影を残す商店が並ぶ徹明町通りに、和菓子屋「岐阜 岡女堂」はある。戦後まもなく、まだ活気のなかったこの場所に、初代の青山盛市氏が大阪で学んだ甘納豆の店を構え、今年で創業65年を迎えた。

店内のガラスケースには、色とりどりの甘納豆がずらり。人気の大納言や金時、金色のとうろくに粒の大きなおたふく、鶯色が鮮やかな青えんどう。栗や渋皮栗、さつまいももある。

創業以来変わらない製法を受け継ぐのは、3代目の青山邦裕さんと妻のまち子さん。素材は北海道産にこだわり、水は長良川の伏流水を使用。豆を一晩水に浸し、皮が程よいやわらかさになるまで炊いたら蜜漬けに。翌日、濃くした蜜に再び漬け、もう一晩置く。最後に中まで火を通し、仕上げ用のさらに濃い蜜に漬けて、グラニュー糖をまぶす。

4日間かけて丁寧に作られた甘納豆は、口に入れた瞬間、うっすらとした糖衣が優しく溶け出し、やわらかな皮に包まれた豆から蜜の甘みがじんわりとあふれ出る。邦裕さんは、季節によって水に浸す時間や温度、蜜の濃さを変える。「炊き上がりのタイミングは、勘の世界。蜜で身が締まることを想定して、炊く時間を見極めます」。長年の経験が、絶妙な食感の決め手となっているのだ。

店番をするのは母の志津子さん。「長く続けてきて嬉しいことがいっぱいありました。お母さんが買っていかれた甘納豆を食べた娘さんが自分でも買いに来てくれたりね。だから味は落としたらいかんと思うんです」。父である盛市さんの姿を見て育ち、甘納豆一筋の人生を歩んできた志津子さん。母と力を合わせ伝統の味を継ぐ3代目夫婦。多くの人に愛される味を、家族で脈々と守り続けている。


Photo


岐阜 岡女堂[ギフ オカメドウ]

  • 〒500-8879 岐阜市徹明通1-8
  • TEL.058-263-0471
  • 営業時間◇8:30~20:00
  • 定休日◇第4木曜日、最終日曜日
岐阜市徹明通1丁目8
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(1)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (5 投票, 平均値/最大値: 4.00 / 5)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントはまだありません。

トラックバック

岐阜ゆかりの名品と“再会" 大松美術館が特別開館

3年前に閉館した大松美術館の特別開館が、ぎふ清流国体に合わせ28日から始まった。県ゆかりの巨匠の日本画や茶道具の名品を久々に鑑賞できる機会とあって、初日から美術ファンでにぎ...

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/9247.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ