FEB café [エフイービーカフェ]

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

大切に丁寧に焼き上げる幸せの香りただようパン。

FEB café [エフイービーカフェ]

梅林公園近くのレンガ通りにひっそりと佇むパン屋「FEB café」。扉を開けると焼きたての香りが店内を包み込む。壁沿いの棚に並ぶのは、細部まで美しく形作られた約30種類のパン。バゲット、ブリオッシュ、シャンピニオンといったハードタイプ。あんパンやコルネなどの菓子パンに、パイ生地の焼き菓子もある。

店主は岐阜市出身の森誠樹さん。料理人をしていた15年前、偶然口にしたフランスパンのあまりの美味しさに衝撃と感動を覚えた。シンプルな素材と工程から生まれる芳醇な味わい。その奥深さに魅せられてパン職人への転向を決意。本場の味を学ぶために渡欧し、帰国後は神戸で修行を積んだ。

こだわりは、美しく丁寧に作ること。パン生地は気温や湿度、作り手の体調によって日々表情を変える。素材の持ち味を最大限に引き出すには、生地の状態を的確に見極めることが大切。成形に神経を注ぎ、各工程を着実に進めていくのだ。

さっくり感ともっちり感をあわせ持つバゲット。幾重にも折り込まれたデニッシュ層が絶妙な食感を生むクロワッサン。これらの定番に加えて、オリジナル商品も徐々に増えつつある。昨年の春、梅の花咲く梅林公園で採取した、天然酵母を使う「ルヴァン」は、噛みしめるほどに小麦の香りと甘みが広がる逸品だ。

オープンから丸1年。試行錯誤しながらも常に生地と向き合い、パンを焼き続けてきた。常連客の中には小さな子どもやお年寄りの姿もある。翌朝の食卓を思い浮かべながら幸せそうに選んでいく姿に、森さんは温かい眼差しを向ける。

「フランスのように、日常に溶け込んだ安くておいしいパン屋が憧れ。そんな店を岐阜でやりたくて」。閑静な住宅街で、夢は着々と叶い始めている。


Photo


FEB café [エフイービーカフェ]

  • 〒500-8116 岐阜市殿町3-12 矢崎ビル1F
  • TEL.058-245-8170
  • 営業時間◇7:00~18:00
  • 定休日◇火曜日
  • 駐車場◇5台
岐阜市殿町3-12 矢崎ビル1F
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/recommend/9771.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ