薄皮たいやき 福丸

本記事は掲載当時のものです。現在と内容が異なる場合があります。ご了承ください。
詳しくはaun webマガジンの読み方をご覧ください。

薄皮たいやき 福丸
初代 森弘明さん(46歳)

はさみのような形状の鋳型で1匹ずつ焼くめずらしい一本焼のたい焼き屋。店主の森さんが昨年9月、美殿町に店を構えた。鯛をかたどった鋳型に少量の生地を流し込み、一晩ねかせて甘みを馴染ませた特製あんこをたっぷりと入れる。ガチャガチャとリズム良く回すと薄皮のたい焼きができあがる。表面はパリッ、中はもっちり。

しっとりとしたあんこは後に残らない程よい甘さ。「たい焼きを通して地域の人がもっと繋がりをもってくれたら」。そう願う森さんのもとへ毎日多くの老若男女が訪れ、昔ながらの町の情景を蘇らせている。

Photo

薄皮たいやき 福丸

  • 〒500-8182 岐阜市美殿町49
  • TEL:080-6070-1388
  • 営業時間:11:00~19:00
  • 不定(主に木曜日)休
岐阜県岐阜市美殿町49
  • コメント:(0)件 | トラックバック:(0)

関連記事


あなたのご意見をコメントやトラックバックでお寄せください

記事の評価

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)

Loading ... Loading ...

コメント

コメントやトラックバックはまだありません。

トラックバックURL
http://aun-web.com/storekeeper/9926.html/trackback

新しいコメントを記入

  • a un partners[アウン パートナーズ]
  • 読者プレゼント
  • 岐阜さんぽ
  • aun掲載店舗検索
  • ActiveG
  • Gifu City Tower 43
  • 西濃印刷
  • 情報募集
  • 広告募集
  • 設置店募集
  • aunお取り寄せ
  • 制作:西濃印刷株式会社
ページ先頭へ